ニュース
» 2013年11月19日 14時45分 UPDATE

エコカー技術:ホンダの新型「シビック Type R」、新開発の直噴ダウンサイジングターボを搭載

ホンダは、小型車や中型車に最適な直噴ガソリンターボエンジン「VTEC TURBO」を新開発した。2015年に欧州市場での発売を予定している新型「シビック Type R」は、排気量2.0lモデルのVTEC TURBOを搭載する見込みだ。

[朴尚洙,MONOist]
ホンダの直噴ガソリンターボエンジン「VTEC TURBO」の排気量2.0lモデル

 ホンダは2013年11月19日、小型車や中型車に最適な直噴ガソリンターボエンジン「VTEC TURBO」を新開発したと発表した。排気量が2.0l(リットル)、1.5l、1.0lの3モデルを用意し、今後グローバルで発売する車両に順次適用して行く方針。2015年に欧州市場での発売を予定している新型「シビック Type R」には、2.0lモデルが搭載される見込みだ。

 VTEC TURBOは、ホンダ独自の「VTEC」をはじめとした可変動弁機構を適用するとともに、高流動燃焼を用いた直噴ターボ過給によって出力を向上。ターボチャージャーなどの過給器を用いることで、エンジンの排気量を小さくしても出力性能を維持できる「ダウンサイジング過給」と呼ばれる手法により、燃費向上や各国の排出ガス規制への対応を図った。

 排気量2.0lモデルは、エンジンが直列4気筒で、VTECや高出力型ターボチャージャー、直噴技術、高性能冷却システムにより高出力・高応答性を実現しているという。最高出力は206kW以上で最大トルクは400Nm。2015年に欧州市場で投入する新型「シビック Type R」への搭載を想定しているため、2014年から施行される欧州の排出ガス規制「EURO6」への適合も果たしている。

「VTEC TURBO」の2.0lモデル 「VTEC TURBO」の2.0lモデル(クリックで拡大) 出典:ホンダ

 排気量が1.5lモデルと1.0lモデルは、VTECをはじめとした可変動弁機構を適用し、徹底した低フリクション化を図った新骨格の直列3気筒エンジンがベースになっている。これに、低イナーシャ高応答のターボチャージャーと直噴技術を組み合わせ、従来の自然吸気エンジンをしのぐ高出力・大トルクと低燃費を優れたバランスで両立しているとする。1.5lモデルの最高出力は150kW、最大トルクは260Nm、1.0lモデルの最高出力は95kW、最大トルクは200Nmである。

sp_131119honda_02.jpgsp_131119honda_03.jpg 「VTEC TURBO」の1.5lモデル(左)と1.0lモデル(クリックで拡大) 出典:ホンダ

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.