ニュース
» 2013年11月20日 21時30分 UPDATE

SCF2013:優しく握ってカチッとはめる、“人の手と目”を再現したアズビルの自動化技術

アズビルはSCF2013と計測展TOKYO 2013の共同エリアに出展。“人の手と目”の機能を機械化した組み立て自動化設備を参考出品し、注目を集めた。

[三島一孝,MONOist]
アズビル

 アズビルは、「システム コントロール フェア(SCF) 2013」および「計測展TOKYO 2013」(2013年11月6日〜8日、東京ビッグサイト)の共用エリアに出展。「Go to Next with azbil!〜人を中心としたオートメーションで次のステージへ!〜」をブーステーマとし、「生産性向上」「エネルギーマネジメント」「安全・安心」の3つのコーナーで、ソリューションや商品、新技術の紹介を行った。

 同社では例年、それぞれの展示会に出展していたが、両展示会が「オートメーションと計測の先端技術が集う」を統一コンセプトとして掲げ、同一会場で同時開催となったため、それぞれの展示会に関連する技術や機器、ソリューションを、3つのテーマに合わせて出展することにしたという。またブーステーマに「Next」を掲げたことで「現在から将来につながる新しい技術やソリューションを用意したことが特徴だ」(アズビル)となっている。



“人の手”の優しさと力強さを再現

 FA関連で注目を集めたのが、参考出品された組み立て自動化設備のデモだ。“人の手”の能力を機械化した「アクティブコンプライアンスデバイス」と、“人の目”の能力を機械化した「サーボビジョンシステム」を組み合わせ、従来は人が関わってきた生産工程を自動化することを目指したものだ。

 会場のデモでは、光電センサーの組み立てを行った。同センサーの組み立てには、部品をしっかり優しくつかむことが必要なるのはもちろん、ケースとフレーム部品の接合にはスナップフィット(材料の弾性を用いてはめ込んで引っ掛けることで固定する組み立て方式)が用いられているため「しっかりと正しい方向にはめる」ことが必要になる。これらの作業をミスなく素早く行える他、爪がしっかり掛かっているかどうかの引き抜き検査も同工程で行えるとしている。同社内で既に社内導入されており、作業効率の大幅な改善が実現できているという。

 現状ではまだ参考出品だったが「製品化に向けて検討を重ねているところだ」(説明員)としている。

自動化技術アーム部分 参考出品された組み立て自動化設備(左)、アーム部分の「アクティブコンプライアンスデバイス」(右)ソフトウェアなども含めて“人の目と手”の働きを代替する(クリックで拡大)

出力と温度の相関関係を業務改善に

エネルギー 出展されたエネルギーマネジメントシステム。温度と出力の相関関係を可視化する(クリックで拡大)

 またエネルギーマネジメント関連では、温度と製造設備の出力を管理できる可搬式のシステムを出展。温度と出力の相関関係を可視化することで、無駄なエネルギー消費を抑えると共に、業務改善にもつなげることができる。エネルギー管理システムは大規模なものが多いがこのシステムは、「規模の小さなユーザーでも利用できることが特徴だ」(説明員)としていた。

システムコントロールフェア2013特集

>>↑↑↑特集ページはコチラから↑↑↑<<

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.