ニュース
» 2013年11月20日 23時30分 UPDATE

東京モーターショー2013:ダイハツの新型「コペン」は2014年前半発売、会見の最中には生着替えも!?

ダイハツ工業は、「第43回東京モーターショー2013」(2013年11月20日〜12月1日、東京ビッグサイト)において、軽オープンスポーツカー「コペン」の新モデルを2014年前半に発売すると発表した。プレスカンファレンスでは、コペンの樹脂外板を数分で着せ替えるデモンストレーションも行われた。

[朴尚洙,MONOist]
樹脂外板を着せ替えのデモ

 ダイハツ工業は、「第43回東京モーターショー2013」(2013年11月20日〜12月1日、東京ビッグサイト)のプレスカンファレンスにおいて、軽オープンスポーツカー「コペン」の新モデルを2014年前半に発売すると発表した。

 同社は、2012年9月まで販売していたコペンの後継となる軽オープンスポーツカーのコンセプトモデルとして「KOPEN」を出展している(関連記事:ダイハツの軽スポーツは樹脂外板で着せ替え、全高がミニバン並みの軽ワゴンも)。KOPENは、樹脂外板をカバーケースのように脱着できるボディ骨格が最大の特徴だ。

 ダイハツ工業の執行役員を務める上田亨氏は、「このKOPENの樹脂外板のデザインは、無限の可能性を秘めている。そのポテンシャルを全て引き出すには、全国のアフターパーツメーカーの皆さまなどに協力をいただく必要がある。今後、樹脂外板パーツに関する情報を広く公開する予定で、2014年初の『東京オートサロン2014』などで情報交換させていただきたい」と説明。2014年前半に発売する新型コペンの盛り上げに向けて協力を求めた。

軽オープンスポーツカーのコンセプトモデル「KOPEN」について説明するダイハツ工業の上田亨氏 軽オープンスポーツカーのコンセプトモデル「KOPEN」について説明するダイハツ工業の上田亨氏(クリックで拡大)

 上田氏の会見の最中には、車体色がグリーンのKOPENの樹脂外板を取り外してから、オレンジ色の樹脂外板を装着するデモンストレーションも敢行した。おおよそ5分もかからずに樹脂外板の交換は完了した。

sp_131120tms_daihatsu_02.jpgsp_131120tms_daihatsu_03.jpgsp_131120tms_daihatsu_04.jpg 樹脂外板の交換開始!(クリックで拡大)
sp_131120tms_daihatsu_05.jpgsp_131120tms_daihatsu_06.jpgsp_131120tms_daihatsu_07.jpg あっという間にボディ骨格だけの状態に。そしてオレンジ色の樹脂外板を装着開始(クリックで拡大)
sp_131120tms_daihatsu_08.jpgsp_131120tms_daihatsu_09.jpgsp_131120tms_daihatsu_10.jpg 最後にボンネットの樹脂外板をはめれば着せ替え終了(クリックで拡大)
「KOPEN」の着せ替え終了後にスピーチを終えたダイハツ工業社長の三井正則氏と上田氏の2人でフォトセッション 「KOPEN」の着せ替え終了後にスピーチを終えたダイハツ工業社長の三井正則氏と上田氏の2人でフォトセッション(クリックで拡大)

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.