ニュース
» 2013年11月22日 11時27分 UPDATE

ET2013ニュース:高級オーディオ機器からレーシングカーまで――Windows Embedded採用事例

サムシングプレシャスは「Embedded Technology 2013/組込み総合技術展」の日本マイクロソフト・ブースに出展。小型組み込み機器向けOS「Windows Embedded Compact 7」の採用事例として、アキュフェーズ社の新製品デジタル・ヴォイシング・イコライザー「DG-58」を披露した。

[八木沢篤,MONOist]
サムシングプレシャス

 組み込み機器向けソフトウェア開発サービスなどを手掛けるサムシングプレシャスは2013年11月20〜22日までの3日間、パシフィコ横浜で開催されている「Embedded Technology 2013/組込み総合技術展」の日本マイクロソフト・ブースに出展。小型組み込み機器向けOS「Windows Embedded Compact 7」の製品採用事例として、同年12月下旬に発売予定のアキュフェーズ社の自動音場補正機能付きグラフィックスイコライザー製品“デジタル・ヴォイシング・イコライザー”「DG-58」を披露した。

アキュフェーズ社製ヴォイシング・イコライザー「DG-58」 アキュフェーズ社製“デジタル・ヴォイシング・イコライザー”「DG-58」(写真最下部にある装置)。販売価格は84万円(税込み)とのこと

 同製品には、Windows Embedded Compact 7を搭載したアットマークテクノの「Armadillo-440」が組み込まれている。Armadillo-440は75×50mmと手のひらサイズながら、ARM9(Freescale Semiconductor社製 i.MX25)を搭載し、USB、LAN、microSD、シリアルなどの各種インタフェースを備える小型CPUボードだ。「組み込み機器での採用実績と、長期安定供給およびサポート面でのメリットが評価され、Windows Embedded Compact 7およびArmadilloシリーズが採用された」(説明員)という。両製品を用いた開発に際し、サムシングプレシャスは自社開発のArmadillo-400シリーズ用のWindows Embedded Compact 7 BSP(Board Support Package)「Lilas-am440-7」を提供し、ソフトウェアアプリケーションの開発サポートなども行ったという。

 「Windows Embedded Compact 7とArmadilloシリーズを組み合わせた採用事例は幾つか出てきている。今回はオーディオ機器だが、工場内で利用されている検査機の制御などでも使われていると聞く。また、Windows XP Embeddedからの置き換えとして、Windows Embedded Compact 7を選択するケースもある。さらに、Armadillo-400シリーズは本来Linuxを標準サポートしているが、Windows(Windows Embedded Compact 7)が動くならということで、採用してもらえる例もある」(説明員)。

Windows Embedded Compact 7を搭載したアットマークテクノの「Armadillo-440」が組み込まれている アキュフェーズ社製ヴォイシング・イコライザー「DG-58」には、マイクロソフトの小型組み込みOS「Windows Embedded Compact 7」を搭載したアットマークテクノの「Armadillo-440」が組み込まれている

 展示会場では、DSP(Digital Signal Processor:デジタル信号処理装置)から受け取ったスペクトラムアナライザーデータを800×480(WVGA)サイズのタッチパネル液晶ディスプレイでリアルタイム表示するデモを実演していた。その他、前回のET2012でも披露されたTEAM 無限のレースカー「MUGEN CR-Z GT」に搭載されたドライビングアシストコンソール(レースカー向けのナビゲーションシステム)に関する展示デモも行っていた(関連記事:無限のGTレースカー、ステアリングのど真ん中にWindowsシステムを搭載)。

「MUGEN CR-Z GT」に搭載されたドライビングアシストコンソールの展示デモ 「MUGEN CR-Z GT」に搭載されたドライビングアシストコンソールの展示デモ

ET2013特集 >>↑↑↑特集ページはコチラから↑↑↑<<

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.