ニュース
» 2013年12月13日 21時00分 UPDATE

消費増税分は補えませんが:税制改正大綱のエコカー減税拡充を検証、「アクア」は減税額が1万円以上拡大 (1/2)

自由民主党と公明党が正式決定した平成26年度(2014年度)の税制改正大綱では、2015年4月以降に軽自動車税を従来比1.5倍の1万800円に引き上げる一方で、エコカー減税が拡充されている。エコカー減税の減税額はどこまで増えるのか。「アクア」や「フィット ハイブリッド」などを例に検証した。

[朴尚洙,MONOist]
税制改正大綱のエコカー減税拡充を検証

 自由民主党と公明党は2013年12月12日、平成26年度(2014年度)の税制改正大綱を正式決定した。自動車関連の税制では、2015年4月以降に軽自動車税を従来比1.5倍の1万800円に引き上げることなどが注目されている。一方で、燃費の優れた乗用車の自動車取得税や自動車重量税、自動車税を軽減する、いわゆる「エコカー減税」を大幅に拡充していることも特徴となっている。

 これまでのエコカー減税の対象になっていた乗用車は、電気自動車やプラグインハイブリッド車、クリーンディーゼル車などの「次世代自動車」と、平成17年度(2005年度)の基準値と比べて窒素酸化物などの排出量を75%以上低減したガソリンエンジン車、ハイブリッド車である。ガソリンエンジン車、ハイブリッド車については、平成27年度(2015年度)燃費基準値に対して、燃費性能が20%以上良好な「+20%達成車」と、10%以上良好な「+10%達成車」、10%未満良好な「達成車」の3つに分かれる。

 次世代自動車と+20%達成車は、自動車取得税は免除(100%軽減)。自動車重量税は、新車登録時は免除、初回の継続検査(車検)時には50%軽減する。+10%達成車は、自動車取得税と新車登録時の自動車重量税を75%軽減、達成車は同50%軽減となっている。

 自動車税については、次世代自動車と+20%達成車、+10%達成車は、新車登録の翌年度が50%軽減される。達成車のみ25%軽減となっている。ただし、自動車税の減免は軽自動車は対象外である。

 今回の税制改正大綱では、これらのエコカー減税の軽減率が高められている。まず、次世代自動車と+20%達成車は、自動車重量税の免除が、新車登録時だけでなく、初回の継続検査時にも適用されることになった。

 また、+10%達成車は、自動車取得税の軽減率が75%から80%に、達成車は50%から60%に引き上げられる。これと合わせて、自動車取得税そのものも、自家用自動車(軽自動車を除く)が5%から3%に、営業用の自動車および軽自動車が3%から2%に引き下げられる予定だ。つまり、自家用自動車の実質的な自動車取得税率は、+10%達成車が1.25%から0.6%に、達成車が2.5%から1.2%と、それぞれほぼ半減になる。

 さらに、 次世代自動車と+20%達成車の自動車税は、新車登録翌年度の軽減率が50%から75%に引き上げられる。+10%達成車の軽減率は50%で維持されるが、達成車は対象から外れる見込みである。

 今回の税制改正大綱における2014年度以降のエコカー減税の変更点を表1にまとめた。

変更点 次世代自動車/+20%達成車 +10%達成車 達成車
取得税 免除のまま変更なし 取得税率が引き下げ。軽減率も75%→80%に 取得税率が引き下げ。軽減率も50%→60%に
重量税 新車登録時は免除で変更なし。初回の継続検査時の軽減率が50%→75%に 軽減率は75%のまま変更なし 軽減率は50%のまま変更なし
自動車税 軽減率が50%→75%に 軽減率は50%のまま変更なし 軽減率は25%→0%に
表1 2014年度からのエコカー減税の変更点
       1|2 次のページへ

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.