ニュース
» 2013年12月16日 13時10分 UPDATE

実装ニュース:電気CADのODB++ファイルを3次元のXVLファイルに変換、図研の無償ツール

図研は、ラティス・テクノロジーと共同で、電気CADの標準フォーマットであるODB++ファイルを、軽量を特徴とする3次元データフォーマットのXVLファイルに変換するコンバータ「ODB++ XVL Converter」を開発した。図研のWebサイトから無料でダウンロードできる。

[朴尚洙,MONOist]
ODB++ファイルをXVLファイルに変換できるコンバータ「ODB++ XVL Converter」

 図研は2013年12月13日、ラティス・テクノロジーと共同で、電気CADの標準フォーマットであるODB++ファイルを、軽量を特徴とする3次元データフォーマットのXVLファイルに変換するコンバータ「ODB++ XVL Converter」を開発したと発表した。図研が運営する3次元電子部品モデルのWebサイト「ePartFinder」から無料でダウンロードできる。

 これまでに図研は、自社の電気CADである「CR-5000」や「CR-8000」で設計したプリント基板データをXVLファイルに変換するコンバータを無償で提供している。今回、プリント基板製造用データの出力形式として業界標準となっているODB++ファイルに対応することによって、電気CADで作成したプリント基板の設計データのほとんどをXVLファイルとして3次元化できるようになる。

ODB++ファイルをXVLファイルに変換できるコンバータ「ODB++ XVL Converter」 ODB++ファイルをXVLファイルに変換できるコンバータ「ODB++ XVL Converter」 出典:図研

 また、このXVLファイルは、ラティス・テクノロジーの無償3次元データビュワー「XVL Player」で確認できる他、実機における試験や検査を3次元データ上で行える図研のツール「XVL Studio Z」などでも活用することが可能だ。

 図研は、今回発表したODB++ XVL Converterと関連するアプリケーションやサービスを、2014年2月ごろから国内と海外の両市場で展開する予定である。これらの施策に合わせて、プリント基板設計データをXVLファイルとして3次元データ化することによるメリットなどを周知し、XVLファイルを共通言語としたモノづくりソリューションを提案していくという。

関連キーワード

3D | CAD | プリント基板


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.