ニュース
» 2014年01月06日 13時14分 UPDATE

市場調査/予測:国内ネットワーク機器市場は2014年も好調を維持

IT専門調査会社のIDC Japanは、ルータ、イーサネットスイッチ、企業向け無線LAN機器を含む“国内ネットワーク機器市場”の2013年上半期実績と、今後の予測について発表した。

[八木沢篤,MONOist]
IDC Japan

 IT専門調査会社であるIDC Japanは2014年1月6日、ルータ、イーサネットスイッチ、企業向け無線LAN機器を含む“国内ネットワーク機器市場”の2013年上半期実績と、今後の予測について発表した。

 2013年上半期の国内ネットワーク機器市場は、移動体通信事業者の投資が依然堅調であったことや、企業での無線LAN利用の拡大を受けて好調さを持続。製品分野別でみると、ルータは2012年上半期の実績を下回ったものの、イーサネットスイッチおよび企業向け無線LAN機器市場は前年同期比、前期比ともにプラス成長になった。

イーサネットスイッチ、無線LAN機器市場が好調

 好調であったイーサネットスイッチ市場は、データセンター向けが堅調で売上を伸ばしたことに加え、通信事業者向けでもLTE基地局展開に伴うモバイルバックホール向け売上が拡大。イーサネットスイッチ市場における2013年上半期の前年同期比成長率は、9.0%と高い成長率を記録した。ベンダー別では、LTEサービスの展開に伴う通信事業者向け需要を捉えた日立金属が好調。前年同期比を下回ったルータ市場でも移動体通信事業者が展開するLTEサービスのエリア拡大にけん引され、アルカテル・ルーセント(日本法人は、日本アルカテル・ルーセント)がシェアを伸ばした。

 一方、無線LAN機器市場では、公衆無線LANアクセスポイント需要は減少したものの、一般企業向けにおいてタブレット端末の導入を契機とする無線LAN環境構築需要が市場を後押しした。企業向け無線LAN機器市場全体の前年同期比成長率は、12.4%となった。ベンダー別では、シスコシステムズ(日本法人は、シスコシステムズ合同会社)がシェアを拡大させた。

参考資料 参考資料 国内ネットワーク機器市場 製品別 エンドユーザー売上額実績(2008年上半期〜2013年上半期) ※出典:IDC Japan

今後の見通しは?

 2013〜2014年にかけては、移動体通信事業者によるLTEサービスの展開に向けた投資と、企業における無線LAN利用の拡大が引き続き市場をけん引していく見込みだという。2012〜2017年の年間平均成長率(CAGR:Compound Annual Growth Rate)については、ルータ市場が0.5%、イーサネットスイッチ市場が0.4%、企業向け無線LAN機器市場が6.0%と予測。

 企業ネットワークにおける無線LANの利用拡大が進む中、IDC Japanは「企業向けルータやイーサネットスイッチはどのように無線LAN環境に関与すべきかを、ベンダーはあらためて検討すべきである。今後、無線LAN環境にどの程度密接に連携し、無線LAN機能をどのような形で統合するかが、企業向けルータやイーサネットスイッチベンダーの製品戦略の大きな柱になるだろう」とコメントする。

 なお、今回の調査内容の詳細は、IDC Japanが発行した「国内ネットワーク機器市場 2013年上半期の分析と2013年〜2017年の予測アップデート」に記述されている。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.