ニュース
» 2014年01月08日 13時49分 UPDATE

2014 CES:Intel、次世代UI技術「RealSense」を正式発表――3D Systemsと協業し3Dスキャン技術の提供も (1/2)

米Intelは「2014 International CES」のプレス発表会において、ジェスチャー、音声認識、顔認識などを実現する「Intel RealSense」を発表。その第1弾製品として、Ultrabookなどへの組み込みを前提としたモーションセンサーモジュール「Intel RealSense 3Dカメラ」を披露し、2014年度下期以降、PCメーカー各社から搭載製品がリリース予定であることを明らかにした。

[八木沢篤,MONOist]
Intel RealSense

 米Intel(インテル)は2014年1月6日(米国時間)、消費者向けエレクトロニクスの総合展示会「2014 International CES」(2014年1月7〜10日、米国ネバダ州ラスベガス)のプレス発表会において、次世代UI技術「Intel RealSense」を発表した(関連記事:「SFから現実へ」 インテルが推進する“タッチの次”の技術──「RealSense」)。

 ジェスチャー、音声認識、顔認識などを実現するハードウェア/ソフトウェア製品をIntel RealSenseブランドとして展開する。その第1弾製品として、2in1デバイス、タブレット端末、Ultrabook、ノートPCなどに組み込むことを前提としたモーションセンサーモジュール「Intel RealSense 3Dカメラ」を披露。併せて、2014年度下期以降、Acer、ASUS、Dell、富士通、HP、Lenovo、NECなどのPCメーカー各社から搭載製品がリリース予定であることを明らかにした。


RealSense モーションセンサーモジュール「Intel RealSense 3Dカメラ」
Dell DellのノートPCに実装した例

 インテルは、2013年6月に開催された「COMPUTEX TAIPEI 2013」の中で、ジェスチャー、音声認識、顔認識、オブジェクトトラッキングを活用した“Perceptual Computing(知覚コンピューティング)”に関する発表を行い、「近い将来(2014年後半?)、Ultrabookのベゼル部分に小型のモーションセンサーモジュールが組み込まれ、ジェスチャーや音声認識による新たなUI機能が標準搭載される」と予告していた。

 この取り組みの一環として、開発者向けに「Intel Perceptual Computing SDK」(通称:PerC)と、米Creative Technology製のモーションセンサーデバイス「Creative Interactive Gesture Camera Developer Kit」(通称:Creative Camera)の提供を開始し、ワールドワイドのコンテスト「Intel Perceptual Computing Challenge」なども開催していた(こちらのコンテストでは何と日本企業、しくみデザインが開発した作品「KAGURA」がグランプリを獲得した)。インテルは、これらの活動を通じ、従来のキーボード/マウスやタッチ操作とは異なる“人間の感覚に近いUI”の開発に積極的に取り組んできたのだ(関連記事:ポストKinect!? 国内でも注目集まるインテルのモーションセンサーデバイス)。

Creative CameraPerC (左)開発者向けのモーションセンサーデバイス「Creative Interactive Gesture Camera Developer Kit」/(右)「第16回 組込みシステム開発技術展(ESEC2013)」のインテルブースで披露されたデモの様子


       1|2 次のページへ

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.