ニュース
» 2014年01月22日 10時24分 UPDATE

LEDスポーツウェアを試作:「多機能リボン」の実現へ――LEDやセンサーなどを布にはんだ付けする技術

SHINDO、福井県工業技術センター、産業技術総合研究所は、リボンの上にLEDを配線する技術と、衣服に取り付けられるよう熱融着性と防水性を備える材料による樹脂加工技術からなる「電子テキスタイル製造技術」を確立。これを応用し、冬山や夜間での視認性を高める「LEDスポーツウェア」の試作品を共同開発した。

[八木沢篤,MONOist]
LEDスポーツウェア

 SHINDO、福井県工業技術センター、産業技術総合研究所(産総研) 集積マイクロシステム研究センターは2014年1月21日、LEDの点灯により冬山や夜間での視認性を高める「LEDスポーツウェア」の試作品を共同開発したことを発表した。

 ひも状の織物(リボン)の上にLEDを配線する技術と、衣服に取り付けられるよう熱融着性と防水性を備える材料による樹脂加工技術からなる「電子テキスタイル製造技術」を確立した。同技術の研究開発は、新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)の「BEANSプロジェクト」において取得した知的財産を活用して進められた。リボンに配線を織り込む技術を福井県工業技術センターが、リボン上の配線にLEDをはんだ付けする装置を産総研が、リボンを衣服に取り付けるための樹脂加工技術をSHINDOが担当した。

LEDリボン製造過程とリボンにLEDをはんだ付けする装置 図1 LEDリボンの製造過程とリボンにLEDをはんだ付けする装置。両側でリボンを送り、位置決めしながら、LEDをはんだ付けする装置を開発。LEDリボンを製造できるようにした

 これを応用することで、薄くフレキシブルなLEDリボンを取り付けた(熱融着により縫い目もない)スポーツウェアを実現した。従来のLEDリボンは、曲げによる断線を防止するために、LEDを基板上に配線し、これを透明樹脂で保護していたため着用時に違和感があった。これに対し、今回開発したLEDリボンは、柔らかい布に直接LEDを配線するため着用時の違和感を大幅に軽減できる。

試作開発した「LEDスポーツウェア」と模式図 図2 試作開発した「LEDスポーツウェア」と模式図

 このLEDリボンは衣服類に簡単に照明機能を付加することが可能で、ジョギングや登山などのスポーツ用途以外にも、夜間作業を伴う交通整理などの安全性向上に貢献できるという。2014年春にSHINDOがLEDリボンのサンプル出荷を行う予定。また、現在は電源としてボタン電池が用いられているが、充電式バッテリーにも対応させる計画だ。産総研は、今後、LED以外に温度センサーや湿度センサーなどをリボンの上にはんだ付けできる技術を開発し、多機能リボンの実現を目指すという。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.