ニュース
» 2014年01月24日 14時13分 UPDATE

SCビジネスフェア2014:ロームが洋服屋さんに!? EnOceanを活用した店舗向け無線制御ソリューションを披露

ロームは、ショッピングセンター業界向け展示会「SCビジネスフェア2014」に初出展し、LED照明やEnOcean対応のスイッチによる無線制御ソリューションなどを披露した。

[八木沢篤,MONOist]
ローム

 ロームは、ショッピングセンター業界向け展示会「SCビジネスフェア2014」(会期:2014年1月22〜24日/場所:パシフィコ横浜)に初出展し、LED照明やEnOcean対応のスイッチによる無線制御ソリューションなどを披露した。

 衣料品店をイメージしたブースでは、店舗・商業施設などで普及が進んでいるLED照明を設置し、明るい店内を演出。「店舗照明シーン切り替え」と題し、これらLED照明のオン/オフや色の切り替えなどの制御を、EnOcean対応スイッチと特定小電力無線通信で行うデモを実演してみせた。


ロームのブース外観 ショッピングセンター業界向け展示会「SCビジネスフェア2014」に初出展したローム。ワイシャツやネクタイなどが陳列された衣料品店をイメージ。ブース前面には動くマネキン!? 「人間彫刻」のステージも

 EnOceanとは、自然界のエネルギーや現在使われていないエネルギーを電力に変換する環境発電(エネルギーハーベスト)技術を応用した、自己発電型の無線通信ネットワーク規格のことである。電源レス、配線レスでどこにでも設置できることから欧州ではビルオートメーションなどを中心に急速に普及が進んでいる。同社は2012年10月に、EnOceanの業界団体「EnOcean Alliance」の主幹メンバーであるプロモーターに就任。以来、EnOcean対応の製品ラインアップの拡充を図ってきたという。

EnOcean対応のスイッチモジュール店舗照明シーン切り替え (左)EnOcean対応のスイッチモジュール。スイッチを押したときに1回、離したときに1回、スイッチング動作が電力に変換されてLEDが点灯する/(右)展示ブースでは「店舗照明シーン切り替え」と題し、LED照明のオン/オフや色の切り替えなどを実演してみせた ※画像クリックで拡大表示

 EnOcean対応のスイッチは電磁石の原理を応用しており、スイッチング動作を電力に変換し、その電力を利用して、無線信号を作り出している。この信号を専用のゲートウェイで受信し、920MHz帯の特定小電力無線通信でブース内のLED照明を制御している。

 また、店舗・商業施設などでの活用を想定し、同技術を用いた「ワイヤレス呼び出しシステム」も披露。EnOcean対応のスイッチを押すと電光掲示板に「試着中」の文字が表示されたり、従業員を呼び出すメッセージが表示されたりといった機能を実現していた。さらに、ソーラーバッテリー内蔵のEnOcean対応ドアセンサーによる防犯デモも披露していた。「われわれ自身が具体的なアプリケーションを持っているわけではないので、当社のEnOceanに関する要素技術と、パートナー企業のソフトウェア/サービスとを組み合わせることで、さまざまなお客さまのニーズに応えていきたい」と説明員。

ワイヤレス呼び出しシステム係員が参ります (左)試着室での利用や従業員の呼び出しなどを想定した「ワイヤレス呼び出しシステム」/(右)広い店舗を想定した従業員の呼び出し。EnOcean対応のスイッチを押すと電光掲示板に「係員が参ります」とメッセージが表示される ※画像クリックで拡大表示

関連キーワード

照明 | 無線 | ローム | LED | 店舗 | LED照明 | 環境発電 | 防犯


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.