ニュース
» 2014年01月24日 15時40分 UPDATE

製造IT導入事例:調理機器メーカーのVitamix、PTCの設計ツールとPLMを導入

米VitamixがPTCのツールを導入。工業デザインと設計プロセスの効率化を図る。PTCのツールによって、市場への製品投入期間を30%短縮できると見込んでいる。

[MONOist]
vitamix

 米PTCは2013年12月3日(現地時間)、調理機器メーカーの米VitamixがPTCの設計ツール「PTC Creo」と製品ライフサイクル管理(PLM)ソフト「PTC Windchill」を導入したと発表した。

 Vitamixはブレンダーやミキサーなどの調理機器を製造・販売を行っている。主な販売先は、一般消費者やレストランなどだ。

 Vitamixでは今回、PTCのツールを導入することで、工業デザインと設計プロセスの効率化を図る狙い。「PTC Creo」を利用することで設計期間の25%短縮を実現する他、「PTC Windchill」によって世界各地の設計チーム内で製品情報を安全に共有できるようにする方針だ。

 Vitamixでは、両ツールの導入により製品開発のプラットフォームを整備することで、市場への製品投入期間を30%短縮できると見込んでいる。

世界同時開発を推進するには?:「グローバル設計・開発コーナー」

世界市場を見据えたモノづくりを推進するには、エンジニアリングチェーン改革が必須。世界同時開発を実現するモノづくり方法論の解説記事を「グローバル設計・開発」コーナーに集約しています。併せてご参照ください。



関連キーワード

白物家電 | 設計 | 家電 | PLM | 製造IT導入事例


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.