ニュース
» 2014年01月28日 07時30分 UPDATE

製造ITニュース:スマートインサイト、分析機能を強化した企業内情報活用基盤の新版をリリース

スマートインサイトは、同社が展開する企業内情報活用基盤「SMART/InSight G2」の新バージョンとなる「V2.5.1」を発売した。新たに検索機能や分析機能を向上し、企業内に存在する各種情報の活用を向上する。

[三島一孝,MONOist]
smartinsight

 スマートインサイトは2014年1月27日、自社内の各種情報を簡単に検索できる情報活用基盤「SMART/InSight G2」の新バージョン「V2.5.1」を発売した。

 SMART/InSight G2は企業内の情報を簡単に検索できるサーチアプリケーションだ。製造業では、ERP(経営資源計画、基幹業務)やSCM(サプライチェーン管理)、PLM(製品ライフサイクル管理)、CRM(顧客管理)などのさまざまなシステムが個別に稼働している場合が多い。また、これらのデータを統合するには多くの費用が必要になり、データ連携が行われていないケースも数多く存在する。SMART/InSight G2は、検索技術により、既存のシステムに手を加えることなく、構造化データ、非構造化データを問わずデータの仮想統合を実現し、必要な情報を簡単に検索し閲覧できる点が特徴だ。

 新バージョンの2.5.1では、新たに以下の新機能を向上した。

  • 操作性向上によるサーチ横断処理の向上
  • 分析機能の向上
  • 非構造化データ処理機能の向上

 これらの機能を強化することにより新たに、製品(Product360)、顧客(Customer360)、知見(Knowledge360)の3つの軸に統合し、用途に合わせた情報活用基盤を提供してく方針だ。

SMART/InSight G2 SMART/InSight G2のイメージ(クリックで拡大)

 製造業向けでは、検索条件を一定にし、部品情報や過去トラブルなど異なる種類のデータを一括検索し、可視化するといったことが可能。また、数値を集計しドリルダウンすることで、製品の重量、コスト、消費電力などの分析も行える。

Product360 Product360における増強機能(クリックで拡大)

 サービス分野においては、顧客データや売り上げデータといった従来の分析に加え、アンケートやSNSなど、有効利用が始まった非構造化データを統合した情報プラットフォームの構築が行える。また、社内に散在する文書や分析データから社内の知見を引き出す統合プラットフォームとしての機能構築にも役立つ。

世界同時開発を推進するには?:「グローバル設計・開発コーナー」

世界市場を見据えたモノづくりを推進するには、エンジニアリングチェーン改革が必須。世界同時開発を実現するモノづくり方法論の解説記事を「グローバル設計・開発」コーナーに集約しています。併せてご参照ください。



Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.