ニュース
» 2014年01月31日 10時25分 UPDATE

FAニュース:日本モレックス、カメラモジュール開発に貢献する「カメラソケットソリューション」を発表

シリアルおよびパラレルデータ用途向けソケット。カメラ付き携帯電話端末から産業用の監視インターネットプロトコル(IP)まで、さまざまなカメラモジュール開発において、複数のソーシングを容易にし、設計サイクルを短縮できる

[MONOist]

 日本モレックスは2013年12月26日、最先端のカメラモジュール開発に貢献する「カメラソケットソリューション」を発表した。カメラ付き携帯電話端末やタブレットPC、ウェブカメラ、産業用の監視インターネットプロトコル(IP)、防犯カメラ、自動車用のデジタルカメラ内蔵GPSナビなど、広範囲のカメラモジュール開発において、複数のソーシングを容易にし、設計サイクルを短縮できるとする。

 このカメラソケットソリューションには、シリアル(SMIA規格準拠)およびパラレル(SMIA規格非対応)データ用途向けの2種類を用意する。

mn_fanews_13122701.jpg

 シリアルデータ用途向けは、SMIA規格準拠で、規格外のカメラモジュールの互換性問題が解消できる。短絡防止ハウジングウォール設計により、ソケット端子と金属製ベースシェル間の電気的ショートを防止でき、ディンプル加工の端子デザインであるためカメラソケットとモジュール間の接触信頼性が高い。ソケットはデュアルロッククラッチを備え、カメラモジュールをソケットに位置を合わせて固定できる。

 パラレルデータ用途向けは、シリアルデータ用途向けよりもピン数が多く、カメラモジュール寸法、ハウジングおよびシェルに多くの製品群を用意する。設置(マウント)方式はスルーボード式とオンボード式。接点タイプはボトムコンタクト、オプションでサイドコンタクトもある。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.