ニュース
» 2014年02月04日 07時30分 UPDATE

FAニュース:独DURRの塗装ロボットシリーズが日本市場に向けた認定を取得

塗装・ハンドリングロボットシリーズ「EcoRP E03/133」と「EcoRPL030/L033/130/133」を日本市場でリリース。

[MONOist]

 ドイツの機械設備製造メーカーDURR Systemsは、日本のTIIS(日本産業安全技術協会)認定を取得したと発表した。

 DURRの塗装・ハンドリングロボットが、防爆に対する全要求を満たしているとTIISから認定され、日本における販売が認可された。これにより、同社はロボットシリーズ「EcoRP E03/133」および「EcoRPL030/L033/130/133」を日本市場でリリースする。

 DURR製塗装ロボットは車体内外版やフューエルリッドなど全塗装作業をtラッキングおよびストップ&ゴーで対応し、制電とエラーアプリケーションにおいて、溶剤/水性塗料に適応する。また、DURRの塗装ロボットは柔軟性に富んだ使用が可能で、塗料・溶剤消費の効率性を重視し、色替時間の短縮および塗料、洗浄溶剤の排出量を確実に最小限に抑えるとしている。

2014011402_490.jpg

ロボット開発の最前線

ロボット/ロボット開発コーナー
あらゆる技術の集大成といわれる「ロボット」をテーマに、産業、レスキュー、生活支援/介護分野などにおけるロボット開発の実情や、関連する要素技術、研究開発、ロボットコンテスト、ロボットビジネスの最新動向などをお届けする。

>>ロボット特集のTOPページはこちら


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.