ニュース
» 2014年02月17日 07時30分 UPDATE

FAニュース:横河電機の安全計装システム「ProSafe-RS」、ISASecure EDSA認証を取得

ISASecure EDSAは制御機器の組み込み型デバイス向けのセキュリティ認証プログラム。取得したのは横河電機が国内初。

[MONOist]

横河電機は2014年1月21日、同社の安全計装システム「ProSafe-RS」が、国際認証推進組織ISCIのISASecure EDSA認証を取得したと発表した。日本国内でこの認証を取得した制御機器ベンダーは、横河電機が初だという。

 ISASecure EDSA(Embedded Device Security Assurance)認証は、ISCI(ISA Security Compliance Institute)が開発した、制御機器の組み込み型デバイス(制御システムのフィールドコントローラ、安全計装システムのセーフティコントローラ、プログラマブルコントローラなど)向けのセキュリティ認証プログラム。制御機器のセキュリティを保証する。

 近年、生産の妨害や情報流出など、産業用の制御機器が攻撃されるサイバー犯罪が増えている。そのため、石油や石油化学、天然ガス、電力などを扱う際、制御機器のサイバーセキュリティ対策はが重視され始めている。プラントの安全操業のため、横河電機はこの認証を取得し、セキュリティレベルの高い機器やシステムの開発、提供、運用サポートに至るまでのセキュリティソリューションを提供する(関連記事:「制御システムセキュリティ」ってそもそもどういうこと?)。

photo 「ProSafe-RS」

危機を迎える制御システムのセキュリティ対策とは?:「制御システムセキュリティ」コーナーへ

「制御システムセキュリティ」コーナー

工場やプラントなどの制御システム機器へのサイバー攻撃から工場を守るためには何が必要なのでしょうか。「制御システムセキュリティ」コーナーでは、制御システムセキュリティ関連の最新情報をお伝えしています。併せてご覧ください。


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.