ニュース
» 2014年02月24日 10時45分 UPDATE

製造ITニュース:IFSジャパン、製造現場の稼働率・負荷などの視覚化ツールをリリース

複数のソースからデータを収集し、製造プロセスの現状を簡単に可視化。資材の稼働率や機械の負荷など、製造状況に関するさまざまな情報を、リアルタイムに確認できる。

[MONOist]

 IFSジャパンは2014年2月21日、製造現場の視覚化ツール 「IFSマニュファクチャリング・ビジュアライザー」を日本市場に向けて2014年4〜6月期にリリースすると発表した。

 同ツールは、複数のソースからデータを収集し、製造プロセスの現状を簡単に可視化。資材の稼働率や機械の負荷など、製造状況に関するさまざまな情報を、リアルタイムに確認できるようになる。

 表示内容は、ユーザー側でカスタマイズできる。インタフェースは直感的で使いやすいように設計されていて、タッチ処理にも対応。自動リフレッシュ機能により、表示される情報は常に最新のものになっている。

 従来は製造工程の進捗度や資材の在庫状況などを確認するためには、複数のツールを用いねばならず、さらに解析する手間も掛かっていたという。製造現場の運用責任者・管理者は同ツールを導入することで、リアルタイムに現状を把握できるようになり、製造プロセスの改善を迅速に実行できるようになるとしている。

関連キーワード

運用管理 | 見える化 | 製造ITニュース


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.