ニュース
» 2014年02月24日 17時20分 UPDATE

触覚技術:超音波振動で「ツルツル」「ザラザラ」を再現――富士通、触感が得られるタブレットを試作

富士通と富士通研究所は、ツルツル感やザラザラ感といった触感が得られるタッチパネルを搭載したタブレット端末の試作機を開発した。富士通研究所が新開発した超音波振動を用いた触覚技術が用いられている。

[八木沢篤,MONOist]
富士通

 富士通と富士通研究所は2014年2月24日、触感が得られるタッチパネルを搭載したタブレット端末の試作機を開発したと発表した。富士通研究所が新開発した超音波振動を用いた触覚技術が用いられている。

 富士通研究所は、超音波振動により、タッチパネルと指との摩擦力を変化させ、触感を提示する技術を業界で初めて開発。タッチパネル自体の振動や静電気の発生により、凹凸感などの感触を伝える従来技術とは異なり、タッチパネル上での表現が困難だったツルツル感やザラザラ感を体感できる。この触感をディスプレイ上に表示されている画像などに適用することで、リアリティのあるさまざまな感覚を楽しむことができるという。

触覚技術を搭載したタブレットの試作機 画像1 触覚技術を搭載したタブレットの試作機

 タッチパネル表面を超音波振動させることにより、パネル表面と指との間に高い圧力の空気膜を発生させ、その浮揚作用により摩擦力が低減。この現象を利用し、再現が難しいツルツル感を実現している。超音波周波数帯の振動には、大きなエネルギーを必要とするが、携帯端末サイズで効率良く振動させられる技術を開発することで、ツルツル感を実現するタブレット端末(試作機)の開発に成功した。

 さらに、パネル上を操作する指のタッチ情報と画面の表示情報に応じ、摩擦力の高低を瞬時に変化させることで、人に触感の錯覚を誘発させ、画面の凹凸感やザラザラ感を実現。この触感情報に加え、ディスプレイに表示される視覚情報とスピーカーから出力される音響情報を効果的に活用することで、画面に表示された情報をより豊かに表現できるという。

触感実現の原理 画像2 触感実現の原理

 開発した試作機は、スペイン・バルセロナで開催される「Mobile World Congress 2014」の富士通ブースで展示され、視覚・聴覚・触覚を併せた新たな感覚を体験できるデモンストレーションが披露される。用意されているデモは、実際に琴の弦を弾いているかのような感触を得ることができる「琴」。CD表面のツルツル感、操作バーなどの凸感などを体験できる「DJ」。金庫のダイヤルを回す感覚とロック解除を音と触覚で体感できる「金庫」。触った部位ごとに触感が変わる「ワニ」の4つ。

 富士通および富士通研究所は、今後も触感表現とその多様化について研究開発を進め、2015年度中の製品化を目指すという。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.