ニュース
» 2014年02月26日 10時00分 UPDATE

3次元ツールニュース:ラティス、3D PDFでXVL帳票が見られるLattice3D Reporterの新版を発表

Lattice3D Reporterで、XVLビュワーをダウンロードしなくても見られる3D帳票が作成可能だ。見積書や議事録に活用できる。3D PDFのサンプルデータ付き。

[小林由美,MONOist]

 ラティス・テクノロジーは2014年2月26日、軽量3次元データフォーマットXVLに対応した3次元帳票ツール新版「Lattice3D Reporter Ver.7.1」を発表した。同年3月3日より販売開始する。

 「Lattice3D Reporter」は、Microsoft Excel内にXVLを取り組み、さまざまな技術資料を作成することが可能だ。新版では、ビュワーに張りこまれた3次元形状と帳票の内容が連携された状態の3D PDFファイルが作成できる(出力にはAdobe Acrobatが必要)。そのデータを受け取る側は、XVL専用ビュワー「XVL Player」(無償)のダウンロードは必要ない。Adobe Readerは、「Adobe Reader XI 11.0」以降で利用可能だ。

 Lattice3D Reporterは、Excelのアドイン機能として利用可能だ。3次元ビューから直接サムネイルビューを切り出すなど直感的な操作ができる。

yk_Lattice3DReporte7_00.jpg Excelのタブに「ラティス」

PDFの中で展開する3次元帳票の例

 以下は、Lattice3D Reporter Ver.7.1で作成した3D PDFの例だ。3次元組み立て図と部品表を付加した見積書や、デザインレビューの議事録だ(画像クリックで3D PDFを表示する)。

* Google Chromeで直接3D PDFを展開する場合は、プラグイン(chrome://plugins/)で「Chrome PDF Viewer」を無効にし、「Adobe Reader」(V11 以降)を有効にしてください。
yk_Lattice3DReporte7_01.jpg 部品表の例
yk_Lattice3DReporte7_02.jpg 見積書の例
yk_Lattice3DReporte7_03.jpg 議事録の例

 PDFに張りこまれた3次元データは、Excelに張りこまれているサムネイルを選ぶことで、表示ビューを選択できる。3次元ビューは、左クリックのドラッグで回転可能だ。ホイール回転もしくはShiftキー+左クリックのドラッグでズームイン・アウト、Alt+左クリックのドラッグでパン(移動)もできる。

 部品表や見積書の例では、表にある部品名をクリックすると、3次元モデルの部品がハイライトされる。

価格(税別)

 既に旧バージョン製品購入済みで、年間保守に加入している場合は、追加費用なく最新バージョンを利用可能だ。

  • Lattice3D Reporter / Lattice3D Reporter 64-bit Edition:ライセンス19万8000円〜、年間保守費用3万9600円〜
  • Lattice3D Reporter Publisher / Lattice3D Reporter Publisher 64-bit Edition:ライセンス200万円、年間保守費用40万円

関連キーワード

3D | PDF | 帳票


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.