ニュース
» 2014年02月28日 07時30分 UPDATE

FAニュース:オプトサイエンス、ターンキー小型超広帯域レーザ光源をモデルチェンジ

テスト、計測に最適なスーパーコンティニューム白色光源。1Hz〜20kHzでの繰り返し可変が可能。

[MONOist]

 オプトサイエンスは、ターンキー小型超広帯域光源「SuperK COMPACT」をモデルチェンジした。

 広帯域光源SuperK COMPACTモデルはスーパーコンティニュームテクノロジーを駆使した超広帯域レーザ光源。新製品は、テスト、計測に最適なスーパーコンティニューム白色光源を搭載、本体は一体型でコリメート光もしくはファイバー出力が選択できる。1Hz〜20kHzでの繰り返し可変が可能。可視〜IR光が得られる。また、ファイバーとの接続を可能にするSpectraKアクセサリ群を使用できる。

 CWDM、DWDMコンポーネントテストや、ファイバー、グレーティングテスト機器、光干渉断層計などに利用できるとしている。2014年2月に発売予定。

photo 「SuperK COMPACT」

関連キーワード

画像処理 | FA | LED | 照明 | LED照明 | FAニュース


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.