ニュース
» 2014年03月07日 14時15分 UPDATE

FAニュース:NEC、産業用コンピュータにマカフィーのセキュリティソリューションを導入

NECは、産業用コンピュータにマカフィーのセキュリティソリューション「McAfee Embedded Control」を導入することを明らかにした。

[三島一孝,MONOist]
sangyopc

 NECは2014年3月6日、産業用および工場用オートメーションシステムのセキュリティ強化を目指し、マカフィーのセキュリティソリューション「McAfee Embedded Control」を産業用コンピュータに導入したことを明らかにした。これにより、NECは産業用および工場用オートメーションシステムを構成するデバイス上で、信頼できるアプリケーションのみを稼働させることができる(関連記事:工場にしなやかさをもたらす、産業用PCの真価とは)。



 サイバー攻撃の拡大により、インターネットに接続されたあらゆるデバイスが攻撃対象となる中、従来はあまりセキュリティの対象とされてこなかった産業用制御システムにおけるセキュリティリスクが指摘されている(関連記事:なぜ今、制御システムセキュリティがアツいのか?)。

 産業用制御システムにおけるセキュリティを高めるためには「多層防御」という考え方が重要だといわれている。産業用制御システムは、工場や重要インフラなどで利用されており、セキュリティが破られた場合、情報漏えいに加えて物理的にも莫大な被害が発生する可能性がある。そのため、ファイアウォールなどのネットワーク全体の防御とともに個々のデバイスやネットワーク機器でセキュリティ対策を行い、1つが破られた場合でも攻撃者が動きにくくすることで、全体的な被害を抑えるというのが多層防御の考え方だ(関連記事:制御システムの守り方――カギを握る「多層防御」と「状況認識」)。

 産業用PCのセキュリティについてもこの考え方の下、注目度が高まってきている。NECでは従来、同社のPOS製品にMcAfee Embedded Controlを採用していたが、今回新たにNECが提供する全ての産業用コンピュータでMcAfee Embedded Controlを導入した(オプションも含む)。

 McAfee Embedded Controlにより、ホワイトリスティング、メモリ保護、変更管理機能など高度なセキュリティ技術を活用可能となる。例えば、工場や遠隔地に配置されたデバイス上で、信頼できるアプリケーションのみを稼働させることが可能になり、デバイスが少しでも不正使用された場合でも、組織もしくは施設の管理者にアラートで知らせることができる。また、ゼロデイ攻撃からのデバイスの保護、デバイスへの確実なセキュリティポリシーの適用を実現できるとしている。

危機を迎える制御システムのセキュリティ対策とは?:「制御システムセキュリティ」コーナーへ

「制御システムセキュリティ」コーナー

工場やプラントなどの制御システム機器へのサイバー攻撃から工場を守るためには何が必要なのでしょうか。「制御システムセキュリティ」コーナーでは、制御システムセキュリティ関連の最新情報をお伝えしています。併せてご覧ください。


どうする? Windows XP移行問題:工場運営を支える「産業用パソコン」コーナーへ

「産業用パソコン」コーナー

製造現場は、かつてのようなクローズドなものから、標準かつオープンな環境へとシフトし、製造現場全体を最適化するための新たな仕組み作りが求められている。その中で重要な要素を担うのが産業用パソコンだ。「産業用パソコン」コーナーでは、Windows XP移行問題を含む「産業用パソコン」関連の最新情報をお伝えしています。併せてご覧ください。


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

あなたにオススメの記事

- PR -

「第4次産業革命」という新たな潮流に対し、製造業はどう変革するか?

製造業や建設業の技術者に、実用段階に入ったVRの解説記事、採用事例を紹介

技術開発動向、標準化動向、5G関連最新ニュース、最新情報をお届け