ニュース
» 2014年03月11日 08時00分 UPDATE

車両デザイン:マクラーレン50年の歴史を彩る80台以上の車両を映像で回顧、「650S」に結実

McLaren Automotive(マクラーレン・オートモーティブ)は、「第84回ジュネーブ国際モーターショー」におけるスーパーカー「McLaren 650S」の世界初公開に合わせて、マクラーレン・グループの50年の歴史を飾るレースカーやスーパーカーなどを回顧する40秒間の映像を公開した。

[朴尚洙,MONOist]
「マクラーレン650S」の外観

 McLaren Automotive(マクラーレン・オートモーティブ)は2014年3月6日(欧州時間)、「第84回ジュネーブ国際モーターショー」(一般公開日2014年3月6〜16日、スイス・ジュネーブ)におけるスーパーカー「McLaren 650S」の世界初公開に合わせて、マクラーレン・グループの50年の歴史を飾るレースカーやスーパーカーなどを回顧する40秒間の映像を公開した。

 この映像は、創業者のブルース・マクラーレンと、同氏が若かりし頃に使用し、レースドライバーやエンジニアとしてのキャリアを積み重ねたオースチンの小型車「Austin Ulster」から始まる。その後、1963年に設立されたレースチームのマクラーレンとして初めて開発したレースカー「M1A」(1964年)、1966年のFormula 1(F1)初参戦時に使用した「M2B」、1968年にF1で初優勝した際に使用していた「M7A」、1974年にコンストラクターズタイトルとドライバーズタイトル(ドライバーはをエマーソン・フィッティパルディ)を初めて同時に獲得した「M23」、マクラーレンのF1黄金期とも言える1988〜1992年の「MP4/4」〜「MP4/7」、フェルナンド・アロンソとルイス・ハミルトンがドライバーとして同時加入した2006年の「MP4-22」といったF1レースカーが次々と映し出される。

 2014年シーズンから使用している「MP4-29A」の後(映像の23秒ごろ)には、マクラーレン・オートモーティブのスーパーカーに切り替わる。伝説のスーパーカー「McLaren F1」の最終モデル「XP5」(1995年)から、McLaren F1のGTレースカーバージョンが続き、2011年発表の「McLaren 12C」や2013年発表の約1億円のプラグインハイブリッドスーパーカー「McLaren P1」(関連記事:世界最高のスーパーカー「McLaren P1」は最強のプラグインハイブリッド車だった)を受けて、「McLaren 650S」のオープンカーバージョン「650S Spider」で締めくくる内容になっている。

 登場する車両の詳細は、McLaren AutomotiveのWebサイト(英語)で確認できる。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.