ニュース
» 2014年03月14日 18時25分 UPDATE

知財ニュース:パナソニックが首位返り咲き! 国際特許出願数――トップ15のうち5社が日本企業

世界知的所有権機関(WIPO)が発表した2013年の国際特許出願数は、パナソニックが中国のZTEを抜き、3年振りに首位に返り咲いた。またトップ15社を見るとシャープ、トヨタ自動車、三菱電機、NECなどもランクインしている。

[三島一孝,MONOist]
patent

 世界知的所有権機関(WIPO)が2014年3月13日(現地時間)に発表した2013年の国際特許出願数は、パナソニックが中国のZTEを抜き、3年振りに首位に返り咲いた。またトップ15社に、シャープ、トヨタ自動車、三菱電機、NECなどもランクインした。ただ国別の出願総数を見ると日本は0.6%増と微増であり、上位陣以外の特許出願数はそれほど増えてはいない状況が明らかとなっている。

 WIPOは、知的財産権保護を促進することを目的に設立された国連の専門機関だ。毎年国際特許の出願状況の調査結果などを発表している。2013年の国際特許出願数は、米国と中国からの出願が大きく増えたことから、前年比で5.1%増加し20万5300件となった。特許数の合計が20万件を突破したのは初めてだという。

 企業別では、2009年と2010年に首位だったパナソニックが2881件の出願数で、3年振りに首位に返り咲き。昨年まで2年連続で首位だった中国ZTEを逆転した。3位は中国のHuawei(ファーウェイ)、4位が米国Qualcomm(クアルコム)と、モバイル通信系企業が上位を占めている。

 以下、米国Intel(インテル)、シャープ、独Robert Bosch(ボッシュ)、トヨタ自動車、スウェーデンのEricsson(エリクソン)、オランダのPHILIPS(フィリップス)と続いている。日本企業はこの他、NECと三菱電機も15位以内に入り、特許技術力で存在感を示している。

2013年国際特許出願数トップ15企業 2013年国際特許出願数トップ15企業(クリックで拡大)

中国と米国が2桁以上の成長

 国別に見ると米国、中国、スウェーデンが2桁以上の成長を見せた一方で、ドイツや英国からの出願は減少した。日本は0.6%増と微増だった。出願数は、米国が5万7239件と首位で、次いで日本、中国、ドイツ、韓国の順番となっている。

国別の2013年国際特許出願数トップ10 国別の2013年国際特許出願数トップ10(クリックで拡大)

 また技術分野では、「電機・装置・エネルギー」分野が10.9%増の1万4897件、「コンピュータ技術」分野が18.0%増の1万4684件、「デジタルコミュニケーション」分野が11.3%増の1万4059件、「メディカル技術」が4.8%増の1万1920件、「計測」分野が8.8%増の7952件となり、トップ5を占めている。



より深く知的財産管理を学ぶには?:「知財マネジメント」コーナーへ

知財マネジメントの基礎から応用、業界動向までを網羅した「知財マネジメント」コーナーでは、知財関連の情報を集約しています。併せてご覧ください。


「知財マネジメント」コーナー 「知財マネジメント」コーナーへ

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.