連載
» 2014年03月17日 10時00分 UPDATE

産業用機器 基礎解説:工場にしなやかさをもたらす、産業用PCの真価とは〔後編〕 (1/2)

産業用コンピュータの歴史の中で、産業用PCにスポットを当てて解説します。〔前編〕では産業用PCの歴史とその背景をお伝えしましたが、〔後編〕では、製品の利用分野や今後の方向性などについて紹介します。

[原 一郎,MONOist]
産業用PC入門

 産業用コンピュータの歴史の中で利用範囲を広げてきた産業用PCについて、2回にわたり解説しています。〔前編〕は現在に至る歴史とその背景をお伝えしました。〔後編〕では、多岐にわたる産業用PCの利用分野やそこに求められてきた製品特徴、「これからどのようになっていくのか」の方向性について紹介していきます(関連記事:工場にしなやかさをもたらす、産業用PCの真価とは〔前編〕)。

産業用PCの利用分野

 産業用PCは現在、非常に多岐にわたる用途で活用されています。主に工場などで利用されるFAやPA向けの用途だけでなく、医療分野や流通、またデジタルサイネージといった分野でも使われています。

インテリジェント自動販売機 インテリジェント自動販売機の例

 一般の人でも見られる「産業用PCが利用されているモノ」としては、例えば駅や空港に設置されている全面液晶型の飲料自動販売機があります。この自動販売機は電子広告としても使えますし、近づくと画像認識により、性別と年代を判断して、お勧めマークを表示する機能を備えるなど、インテリジェント化されています。Wi-Fiで接続されているので、設置する事業者にもリアルタイムでマーケティングデータを収集するとともに、災害時には無料で飲料が出せるようにリモート操作できるそうです。

 これはPCアーキテクチャであれば基本的に持っているインタフェースを活用すれば実現できる機能であり特別な開発は必要ありませんが、これをPC以外のプラットフォームで作ろうとすれば多大な開発費用と期間が必要になるでしょう。このインテリジェント自動販売機は通常のものと比較して数倍の売り上げを実現しているそうです。最近ではこのように今まで産業用PCを利用していなかったモノやサービスで使われるようになり、利用用途は一層の広がりを見せていることは特徴といえるかもしれません。

産業用PCの利用要件の幅広さ

 製造現場でも産業用PCはさまざまな使われ方をしています。PCはある意味でさまざまな用途に利用できる汎用性が魅力の製品ですが、産業用PCでも用途によって大きく要求される内容が変わってきます。〔前編〕では、産業用PCの特徴として「信頼性」「耐環境性」「長期供給」の3つのポイントがあると話しましたが、このそれぞれのポイントで見た場合でも、用途によった役割の違いは顕著です。

 一般的な工場では耐環境性が非常に重視されます。しかし半導体製造工場では装置はクリーンルーム内に設置されるため、温度や湿度はコントロールされ粉塵(ふんじん)も皆無に近いため耐環境性については必要ではなくなります。

 信頼性のレベルもさまざまです。数カ月かけて制御していくプラントなどは電源の2重化などで可能な限りの業務を止めないことを優先します。しかし、駅に設置されている電子広告やゲームセンターのマシンなどはコスト優先です。そのために稼働中に不具合が発生すれば再起動するなど、割り切った使い方になります。

 長期供給についても、その要求レベルは大きく異なります。数年で買い替える通常のPCと同様の使い方であれば問題ありませんが、産業機器は10年以上使い続けることが当然の世界です。10年の供給を保証することはPC用の汎用部品を使う限り不可能ですから、最終的にはエンドユーザーに予備品を在庫してもらうしかありません。補修部品も在庫しないと修理対応できません。当然ですがメーカーのコスト負担が増え、それは製品価格にも反映されます。

 信頼性、耐環境性、長期供給が必要とされる状況でも、汎用PCが使われているケースは数多く存在します。スポーツジムで受付システムの画面がブルースクリーンになって「使用禁止」の紙が貼られている光景を筆者も何度か目にしたことがあります。何台も設置されているので実務上大きな影響はありませんが、メンテナンスをしているのをのぞくと中には汎用PCが置かれていました。もちろんOSも普通のWindowsでした。産業用PCを使ってOSにWindows Embeddedを搭載すれば「トラブルを回避でき、使い勝手も格段に良くなるのに」と思います。

 別の事例でいえば、薬局で薬剤を調合するシステムでも汎用ノートPCがそのまま装置の上にポンと置かれて、ACアダプタもそのまま使われています。毎日シャットダウン操作をする必要があり、ファンが薬剤を吸い込んで基板がショートすることもあるそうです。それで大丈夫なのかメーカーに聞いてみると、使いたくても価格競争が激しくて高価な産業用PCは使えないのだそうです。

産業用PC 産業用PCのイメージ
       1|2 次のページへ

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.