ニュース
» 2014年03月19日 13時30分 UPDATE

エコカー技術:プジョーの新型「308」がフルタンクから1810kmを走破、燃費は35.2km/l

PSAグループのPeugeot(プジョー)ブランドは、間もなく欧州市場で発売する小型車「308」の燃費計測テストの結果を発表した。スペインのサーキット場で、燃料満タンの状態から32時間以上走行を続け約1810kmを走破。燃費は35.2km/lとなった。

[朴尚洙,MONOist]
プジョーの新型「308」

 PSAグループのPeugeot(プジョー)ブランドは2014年3月18日(欧州時間)、間もなく欧州市場で発売する小型車「308」の燃費計測テストの結果を発表した。

 これは、排気量1.2l(リットル)の直列3気筒直噴ターボガソリンエンジン「e-THP 130」と6段変速マニュアル変速機を搭載するハッチバックタイプの308を使って、スペインのサーキット場「アルメリアサーキット」で走行テストを行ったもの。

プジョーの新型「308」 プジョーの新型「308」(クリックで拡大) 出典:プジョー

 燃料満タンの状態から、複数のドライバーが交代しながらサーキットを32時間以上走行し続けたところ、約1810kmを走破することができた。燃料の消費量は51.4lだったので、この走行テストにおける燃費は35.2km/lになる。

 今回の結果は、フルタンクから燃料を使い切るまで走行を続けるという燃費性能計測では新記録になるという。なお、走行テストは、フランスの試験機関であるUTACの同席の下で行われた。

 308は、プジョーが「PureTech(ピュアテック)」と呼ぶ次世代パワートレイン技術を採用。e-THP 130を搭載するモデルは、欧州複合モード燃費が21.7km/lで、CO2排出量が107g/kmとなっている。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.