ニュース
» 2014年03月24日 12時45分 UPDATE

FAニュース:NTN、携帯性に優れるハンディ型の軸受診断装置を開発

振動データをサーバで計算・分析するコンパクトな軸受の振動測定・分析装置。

[MONOist]

 NTNは2014年2月18日、携帯性に優れた小型で軽量な「ハンディ型軸受診断装置」を開発したと発表した。

 ハンディ型軸受診断装置は、スマートフォンを使って振動データをインターネット経由でサーバに送信し、サーバで計算・分析し、入出力表示もスマートフォンで行う。このため、コンパクトで携帯性に優れた振動測定システムが可能となり、製造設備やラインの保全担当者が保守・点検時に携帯することが容易になった。

 ハンディ型軸受診断装置は、NTNが販売する振動ピックアップおよびポケットサイズのAD変換器と、スマートフォンの組み合せで構成される。測定データは、専用アプリをダウンロードしたユーザーのスマートフォンから固有のIDとパスワードを使ってNTNのサーバに送信。FFT分析を経て軸受の正常・異常の判定に供され、異常時には軸受の損傷部位の特定が可能。測定結果はサーバに保存されるため、測定履歴をグラフ表示するなど、設備の遠隔からの状態監視に活用できる。データ計算・分析ソフトは、サーバ内で一括してバージョンアップするため、常に最新の使用環境で設備診断できる。

 今後、ハンディ型軸受診断装置を特定のユーザーに試用してもらい、モニタリングを行うことでさらに改善を加え、2014年中頃より正式販売を開始する予定だという。

photo 「ハンディ型軸受診断装置」

関連キーワード

診断 | スマートフォン | FA | FAニュース


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.