ニュース
» 2014年03月27日 13時10分 UPDATE

医療機器ニュース:東芝がヘルスケア社を新設へ

東芝は、ヘルスケア事業の強化を狙い、東芝内のヘルスケア関連事業部門を統合した社内カンパニー「ヘルスケア社」を2014年7月1日付で新設すると発表した。社内カンパニー化により事業展開の加速拡大を図り、ヘルスケア事業で2016年3月期に売上高6000億円達成を目指す。

[EE Times Japan/MONOist]

 東芝は2014年3月27日、ヘルスケア事業の強化を狙い、東芝内のヘルスケア関連事業部門を統合した社内カンパニー「ヘルスケア社」を2014年7月1日付で新設すると発表した。

 ヘルスケア社は、現在のヘルスケア事業開発部を主体に、電力システム社で手掛けている重粒子線がん治療システム、部品材料事業統括部で展開するDNA検査キットなど東芝グループ内に分散するヘルスケア事業を集結し発足する。CTシステムなどの画像診断システムをはじめ、新たな“診断/治療”、病気の発症リスクを低減する“予防”、病気やけがの治療後をサポートする“予後/介護”の分野向けのビジネスを展開していくという。

 CTシステムなどの画像診断装置や医療ITなどを手掛ける子会社「東芝メディカルシステムズ」についてもヘルスケア社の傘下とし、「世界135カ国に納入実績がある(東芝メディカルシステムズの)顧客基盤、営業資産を活用し、メディカル・ヘルスケア事業を一体化させることで事業を強化する」(東芝)。

 ヘルスケア社発足当初の従業員数は9000人規模としている。

エネルギー、ストレージと並ぶ事業の柱に

 東芝は2014年3月期から「エネルギー」「ストレージ」とともに「ヘルスケア」を事業の柱と位置付けて、2016年3月期にヘルスケア事業売上高6000億円達成を目指して強化を実施している。

tt140327T001.jpg 「エネルギー」「ストレージ」と並ぶ事業の柱に「ヘルスケア」を掲げる東芝の目指す姿 (クリックで拡大) 出典:東芝

 ヘルスケア社の設置について東芝は、「グローバルな人口増加や先進国での少子高齢化などを背景として成長が見込まれるヘルスケア市場において、事業展開の加速、拡大を図るため。グループ内にある広範囲な技術を融合させる“ニュー・コンセプト・イノベーション”によって、東芝ならではの製品、サービスを創出するとともに、多様な販売ルートの確立により事業の強化、拡大していく」としている。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.