ニュース
» 2014年03月28日 11時59分 UPDATE

センシング技術:看護師の動きをリアルタイムに追跡、院内業務の改善点が浮き彫りに (1/2)

米フロリダ州の病院は、院内における看護師の動きをリアルタイムでトラッキングする技術を導入している。公共施設や商業施設では、利用者の行動パターンをトラッキングして、利便性などを向上する取り組みが始まっているが、この病院では、トラッキング技術によって、非効率的なワークフローなどが明らかになったという。

[David F. Carr,EE Times]

 米フロリダ州にある病院Florida Hospital Celebration Healthは、「看護師の動きをトラッキングすることは、ワークフローや業務の習慣の改善に役立つ」という方針を持っている。

 Florida Hospital Celebration Healthでは、Stanley Healthcare製のリアルタイム位置情報管理システム(RTLS:Real Time Locating System)のタグとセンサーを採用している。Stanley HealthcareはStanley Black & Deckerの一部門で、医療業界向けに在庫管理、セキュリティ、安全などに関わる製品を提供している。RTLSは、建物内部における動き/動線を正確にトラッキングするという。

 RTLSは、もともとは、Stanley Healthcareが2012年に買収したAeroScoutの技術だ。Florida Hospital Celebration Healthは、2011年にAeroScoutと契約し、32床の手術室で試験的に導入した。その後、RTLSを導入する病室を少しずつ増やしていった。2014年夏には、救急病棟に同トラッキング技術が採用される予定だ。

超音波信号でトラッキング

 Florida Hospital Celebration Healthは、フロリダ州オーランド近郊のキシミー(Kissimmee)にあるFlorida Hospital系列の病院で、非営利の医療機関Adventist Healthcareの一部門でもある。Florida Hospital Celebration HealthのAshley Simmons氏によると、同病院ではITや革新的な技術を積極的に採用する“旗艦病院”だという。

 Florida Hospital Celebration Healthでは、看護師や看護助手の他、協力を申し出た数人の医師の名札に、トラッキング用のタグを取り付ける。タグから発信される超音波信号を天井に取り付けられたセンサーが検知することで、勤務中のスタッフの動きを追跡することができる。

 スタッフの動きは“温度分布図”のように表示され、人の動きが最も多いエリアが分かるようになっている。これに沿ってスタッフを配置すれば、最も要求が多い患者の位置を特定できる他、人員の配置が効率的かどうかを見いだすこともできる。

mm140328_stanley1.png スタッフの動線が、“温度分布図”のように示されている。緑の線は人の動きが少なく、赤い線は人の動きが集中している動線である 出典:Stanley Healthcare

 Simmons氏は、「われわれの目標は、ワークフローを効率化し、スタッフを有効活用する方法を探ることだ」と述べる。同病院では、トラッキング技術の採用に不快感を示す看護師もいたという。だが、病院側は「このシステムを懲罰的な方法で用いることはない」と保証しているため、看護師らも徐々に新体制を受け入れるようになった。看護師長のPatty Jo Toor氏は、「タグの装着を義務付けられたわけではない。病院からは、“装着してもらえれば、業務の改善に役立つかもしれない”と言われただけだ」と説明する。

       1|2 次のページへ

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.