ニュース
» 2014年04月02日 07時30分 UPDATE

FAニュース:アバールデータ、MDRコネクタ対応CameraLink I/F画像入力ボード2製品を発売

カメラに電源供給できるPoCLに対応しボード上に256MBのメモリを搭載。Tap並び替え+ライン反転機能を備える。

[MONOist]

 アバールデータは2014年2月25日、MDRコネクタに対応したPCI Press規格のCameraLink I/F画像入力ボード「APX-3302MDR」と「APX-3323MDR」の2製品を発売した。

 APX-3302MDRはCamera Llnk Base Configurationのカメラ2台を接続できる。APX-3323MDRはCamera Llnk Base/Medium/FullConigrationカメラ1台を接続できる。両製品ともに、カメラに電源供給できるPoCLに対応する。ボード上に256MBのメモリを搭載する他、Tap並び替えとライン反転機能を備えている。カメラ制御やストロポタイミング用の汎用出力や外部トリガ、汎用入力用のI/Oも搭載する。

 両製品は従来製品である、SDRタイプのコネクタを使用した「APX-3302」および「APX-3323」の互換性がある。ソフトウェア開発用「SDK-AcapLib2」をオプションで用意している。

 価格はAPX-3302MDRが8万8000円、APX-3323MDRが9万8000円。

photo 「APX-3323MDR」

関連キーワード

カメラ | FA | FAニュース


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.