ニュース
» 2014年04月07日 07時30分 UPDATE

PLMニュース:シーメンスPLMの「NX」がプライベート・クラウド環境で利用可能に

NVIDIA GRID vGPU技術による仮想デスクトップインフラ(VDI)を使ったプライベート・クラウドで、NXを利用できるようになった。

[MONOist]

 米シーメンスPLMソフトウェアは2014年3月26日(現地時間)、3次元CAD/CAM/CAE統合システム「NX」を、「NVIDIA GRID vGPU」を使ったプライベート・クラウド環境で利用可能にしたと発表した。リソースの最適化、IT負荷の軽減などにつながるとしている。

 同社は米NVIDIAと協力し、NVIDIA GRID vGPU技術による仮想デスクトップインフラ(VDI)を使ったプライベート・クラウドで、NXを利用できるよう、動作認証を取得した。これにより利用者は、クライアント端末から中央サーバにリモートアクセスして仮想デスクトップ画面を呼び出し、NXを利用できるようになる。

 各クライアント端末へNXをインストールする手間が省けるのに加え、プライベート・クラウドのリソースを使ってNXを実行できるようになり、処理性能が高くないクライアント端末でもNXを快適に利用できるという利点がある。

 プライベート・クラウドを構築して同社のNXを利用している事例として、Turkish Aerospace Industries(TAI:トルコ航空宇宙産業)によるものが挙げられている。

mn_itnews_14040301.jpg


製造業向けクラウド

製造業向けクラウド
なぜ製造業にクラウドなのか、何が改善できるのか。

>>トップページはこちらから


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.