ニュース
» 2014年04月08日 20時00分 UPDATE

FAニュース:NEC、産業用コンピュータのエントリモデルのラインアップ強化

高品質で長期調達可能な部品の採用や、部品配置や筐体構造の工夫などにより、安定した24時間連続稼働を可能とした。

[MONOist]

 NECは2014年4月8日、ファクトリコンピュータの低価格帯製品で24時間連続稼働可能な「FC-PMシリーズ」の新ラインアップとして、処理性能を向上させた「FC-P32W」とコストパフォーマンスに優れた「FC-P27X」の2機種を発売したと発表した。

 FC-P32WのCPUには従来機(FC-P30A)と比べて約1.6倍性能が向上したインテル Xeonプロセッサ E3-1225v3(3.2GHz)、FC-P27Xは従来機(FC-P20X)と比べて2.5倍性能が向上したインテルCeleronプロセッサ G1820(2.7GHz)を採用した。

 ディスプレイ出力ポートには、アナログRGBを1ポート、DisplayPortを2ポート標準装備し、フルHD(1920×1080ドット)で最大3画面の表示が可能。医療用電子カルテやセキュリティカメラ映像監視など、それぞれのモニターに異なる画面を表示させることができる。

photo FC-P32W

 また、高品質で長期調達可能な部品を採用し、幅広い電圧に対応するワイドバンド電源(AC100V〜240V)、長寿命で空冷効果の高いファンを備え、冷却効率を考慮した部品配置や筐体構造の工夫などにより、安定して24時間連続稼働するとしている。

 さらに万一のトラブルに備えるため、ハードウェアの異常を検出する「ソフトウェアRAS」を標準添付。障害発生時のメモリ上の情報をハードディスクに保存するメモリダンプ機能も標準搭載している。加えてハードディスクドライブを2台搭載し、一方のドライブ故障時も、もう一方のドライブで連続運用できるハードウェアミラーリングをセレクションモデルとして用意した。

 価格はFC-P32Wが24万1000円(税別)から、FC-P27Xが17万8000円(税別)から。24時間連続稼働が求められるビル・公共施設の監視制御や、精密機械などの製造工程管理・検査装置、医療システム用端末などの分野での導入を提案し、新製品2機種合計で、今後3年間に2万台の販売を見込んでいる。

 また、Windows7 Ultimateをプリインストールし、CCC認証とUL認証を取得したモデルも2014年9月に発売予定。

どうする? Windows XP移行問題:工場運営を支える「産業用パソコン」コーナーへ

「産業用パソコン」コーナー

製造現場は、かつてのようなクローズドなものから、標準かつオープンな環境へとシフトし、製造現場全体を最適化するための新たな仕組み作りが求められている。その中で重要な要素を担うのが産業用パソコンだ。「産業用パソコン」コーナーでは、Windows XP移行問題を含む「産業用パソコン」関連の最新情報をお伝えしています。併せてご覧ください。


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.