ニュース
» 2014年04月09日 07時30分 UPDATE

FAニュース:三菱電機、海外向け形彫放電加工機ベーシックモデルを発売

形彫放電加工機新シリーズ「EA-Sシリーズ」第1弾。

[MONOist]

 三菱電機は2014年3月10日、形彫放電加工機の新シリーズ「EA-Sシリーズ」の第1弾として、加工性能・操作性を向上し、スマートフォンなど携帯端末金型の生産性向上に貢献する「EA8S」を発売した。

 EA8Sは、上位機種に搭載している「ADVANCE」制御装置を採用して演算処理速度が向上し、従来の同社ベーシックモデル「EA8M」と比較して加工性能が最大30%向上した。また、「自動昇降式加工槽」の採用により、限られたスペース(機械本体設置面積:3.1m2)への設置を可能としている。

 さらに新開発の「自動電極交換装置LS-ATC」により、電極交換時間を同社従来比50%削減した。「自動潤滑装置」も備え、グリスの給脂作業や一部メンテナンス作業を不要にしている。ロボットシステムを挟んでEA8Sを2台対象に配置する左右対称配置にも対応する。

 世界市場向けベーシックモデルとして、中国の三菱電機大連機器有限公司で生産する。日本市場向けには名古屋製作所で生産して販売する予定。価格は55万元(約950万円)。

photo 形彫放電加工機「EA8S」

関連キーワード

三菱電機 | FA | FAニュース


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.