ニュース
» 2014年04月11日 11時50分 UPDATE

車両デザイン:「レクサスNX」は高性能とクールなデザインが融合した「Sports Gear」

トヨタ自動車が「北京モーターショー2014」で世界初公開する新型コンパクトクロスオーバーSUV「レクサスNX」は、高性能とクールなデザインが融合した「Sports Gear」であり、都市ユースに合った環境時代のSUVだという。

[MONOist]
「NX200t」の「“F SPORT”グレード」

 トヨタ自動車は2014年4月11日、「北京モーターショー2014」(一般公開日:2014年4月23〜29日)で世界初公開する新型コンパクトクロスオーバーSUV「レクサスNX」の詳細を発表した。

 レクサスNXは、2013年9月の「フランクフルトモーターショー2013」と同年11月の「東京モーターショー2013」で公開されたコンセプトカー「LF-NX」をベースに開発された。排気量2.0l(リットル)のターボエンジンを搭載する「NX200t」と、排気量2.5lのエンジンと組み合わせたハイブリッドシステムを搭載する「NX300h」の2車種で展開する。

 「Premium Urban Sports Gear」をコンセプトに、高性能とクールなデザインが融合した「Sports Gear」であり、都市ユースに合った環境時代のSUVだとしている。

「レクサスNX」の「NX300h」(左)と「NX200t」 「レクサスNX」の「NX300h」(左)と「NX200t」。NX200tはスポーツグレードの“F SPORT”だ(クリックで拡大) 出典:トヨタ自動車

 外観デザインでは、L字型に発光する3眼のフルLEDヘッドランプが特徴的だ。また、大きく張り出した前後のホイールフレアによってタイヤの存在を強調することで、SUVの力強さを表現している。内装では、金属を削り出したような質感を持つセンタークラスターのフレームと、乗員の体を支える革調ニーパッドとのコンビネーションが、SUVらしい骨格の力強さと、素材の対比による洗練された質感を両立させているという。

sp_140411lexus_02.jpgsp_140411lexus_03.jpg 「NX200t」の「“F SPORT”グレード」の内装(クリックで拡大) 出典:トヨタ自動車

 この他の装備としては、直観的操作のためにタッチパッドを採用した新型「リモートタッチ」や、スマートフォンなどの充電が可能なワイヤレス充電器、前後左右の車載カメラを使って車両周囲の状況を確認できる「パノラミックビューモニター」を採用。NX200tでは、レクサスブランド初となるターボチャージャーのブースト圧表示にも対応する。

関連キーワード

レクサス | SUV


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.