ニュース
» 2014年04月14日 14時00分 UPDATE

工場ニュース:マツダ、SKYACTIV車のグローバル生産台数100万台突破――2年4カ月で到達

マツダの新世代技術「SKYACTIV」搭載車のグローバル生産台数が累計100万台を突破した。2011年11月の「CX−5」発売から2年4カ月での達成となる。

[MONOist]
km_thumbmazda100man.jpg

 マツダは2014年4月14日、同社の新生代技術「SKYACTIV技術」搭載車のグローバル累計生産台数が100万台を突破したと発表した。

 今回の発表は、同技術を全面採用した「CX-5」、新型「アテンザ」、新型「アクセラ」のグローバル生産台数の合計が、2014年3月末までに合計104万台となったことによるもの。2011年11月にCX-5を生産開始して以来、約2年4カ月での到達となる(関連記事:マツダ「アクセラ」の世界累計生産が400万台に、10年7カ月で達成)。

 2014年3月末現在、同社はSKYACTIV技術搭載車3車種を、日本、メキシコ、タイ、中国で生産し、合計100以上の国と地域で販売している。同社は2016年3月期(2015年度)までに、グローバルの年間販売目標台数170万台のうち、SKYACTIV搭載車の比率を80%まで高める方針を示す。この達成に向け、SKYACTIV技術を搭載したモデルをさらに5車種投入する予定であり、ラインアップ拡充に取り組む。また生産体制強化にも取り組んでおり、2014年4月11日には同技術採用車の中国生産開始を発表している(関連記事:マツダが中国でもSKYACTIV車を生産開始、2014年5月に発売)。

「SKYACTIV」搭載車の生産台数の推移(累計 「SKYACTIV」搭載車の生産台数の推移(累計)

関連キーワード

SKYACTIV | マツダ | エンジン | 工場 | 工場ニュース


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.