ニュース
» 2014年04月15日 07時30分 UPDATE

製造IT導入事例:シマノセールス、オラクルの中堅企業向けERPで販売・物流システムを刷新

国内向け販売システムとグローバル物流システムを刷新した。受注、購買、在庫管理の業務を円滑に連携できるようになり、業務効率が20%向上したという。

[MONOist]

 日本オラクルは2014年4月11日、同社の中堅企業向けERP製品「JD Edwards EnterpriseOne」をシマノセールスが導入し、国内向け販売システムとグローバル物流システムを刷新したと明らかにした。

 シマノセールスは、国外約60カ国で自転車補修パーツを販売、国内向けには自転車部品を販売している。2011年9月には、自転車販売店やスポーツ総合店向けの新ECサイト「SIPS: Shimano Internet Purchasing System」を開始。2014年12月期には受注・出荷量が約3倍になると見込まれているため、既存の販売・物流システムでは処理能力が限界になると懸念され、システム刷新することになった。

 新たな販売・物流システムでは、購買、販売、在庫、債権管理など、シマノセールスの基幹業務を扱うことになる。企業内の複数システムからデータを抽出し、変換・加工した上でデータウェアハウスへ渡すETLツールを利用することで、Web受注システムと倉庫管理システムとの円滑なデータ連携を図っている。

 これにより、受注の納期変更・一括投入、購買情報の一元化に対応。オーダー・ステータス管理が容易になるなど、業務効率が20%向上したという。


「製造IT導入事例」バックナンバー

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.