ニュース
» 2014年04月15日 09時00分 UPDATE

安全システム:トヨタが新型「パッソ」に自動ブレーキを搭載しない理由 (1/2)

新型「パッソ」は、新型エンジンの搭載により、ガソリンエンジン搭載登録車でトップとなる燃費を達成。デザインも大幅な刷新を図った。その一方で安全機能は、横滑り防止装置や「緊急ブレーキシグナル」を標準装備したものの、自動ブレーキに代表される運転支援システムの搭載は見送っている。

[朴尚洙,MONOist]
新型「パッソ」の外観

 トヨタ自動車は2014年4月14日、東京都内で会見を開き、大幅な改良を加えた小型車「パッソ」の新モデルを発表した。同年4月10日発表の「高熱効率・低燃費エンジン群」(関連記事:トヨタの新開発アトキンソンサイクルエンジン、「マツダやホンダより高性能」)を搭載する第1弾車両となる。新型パッソが搭載するのは、最大熱効率約37%を達成した排気量1.0l(リットル)の直列3気筒ガソリンエンジンで、JC08モード燃費は従来比で30%の向上となる27.6km/lを達成した。これは、三菱自動車の「ミラージュ」を抜いて、ガソリンエンジン搭載登録車でトップとなる。税込み価格は、男性向けを想定した外観デザインの基本グレードが109万8655〜149万7273円、女性向けを想定した外観デザインの「+Hana」が135万5891〜165万2400円。月間販売目標台数は5000台である。

sp_140415toyota_01.jpgsp_140415toyota_02.jpg 新型「パッソ」の外観。左側の写真が男性向けを想定した基本グレードで、右側の写真が女性向けを想定した「+Hana」である。+Hanaと一緒にいるのは、CMキャラクターの水川あさみさんと、アニメ「ドラえもん」のしずかちゃん(の着ぐるみ)(クリックで拡大)

軽自動車と登録車の間をつなぐ役割

トヨタ自動車の鈴木敏夫氏 トヨタ自動車の鈴木敏夫氏

 新型パッソの開発責任者を務めた製品企画本部 主査の鈴木敏夫氏は、「国内市場では軽自動車や2ボックス車といったコンパクトカーの需要が高まっている。特に軽自動車の伸びはすさまじいものがある。この激戦区に投入する新型パッソには、軽自動車と登録車の間をつなぐ重要な役割があり、幅広い層の顧客の満足が得られるような燃費やデザイン、安全/快適性能を実現した」と語る。

 デザインでは、もともとは女性向けを想定していた基本グレードを、「スッキリ」、「きりっ」とさせて男性にも受け入れやすいようにした。一方、より女性を意識して投入した「+Hana」については、より「ポップ」で「キュート」なデザインに変更した。これまで、女性向けのイメージが極めて強かったパッソの顧客層を広げようという戦略である。

sp_140415toyota_04.jpgsp_140415toyota_05.jpgsp_140415toyota_06.jpg 新型「パッソ」のデザインイメージ。基本グレードは男性に受け入れられるよう「スッキリ」、「きりっ」とさせ、フロントバンパーはワイド感と低重心を強調した(クリックで拡大) 出典:トヨタ自動車
sp_140415toyota_07.jpgsp_140415toyota_08.jpgsp_140415toyota_09.jpg 「+Hana」はより「ポップ」で「キュート」に。フォグランプ、ドアミラー、アウトサイドドアハンドルの3カ所に、ボディと異なるパールの彩色を施してアクセントを付けた。リヤコンビネーションランプにも、クリアピンクのインナーレンズを採用している(クリックで拡大) 出典:トヨタ自動車
sp_140415toyota_10.jpgsp_140415toyota_11.jpg 新型「パッソ」のCMで水川さん演じるしずかちゃんをイメージしたデザインスタディ「SHIZU-CAR」も披露された。タケコプター付き!(クリックで拡大)
       1|2 次のページへ

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.