ニュース
» 2014年04月15日 13時20分 UPDATE

工場ニュース:スタンレー電気が宮城にLED照明の新工場建設

スタンレー電気は、連結子会社であるスタンレー宮城製作所を移転し、LED照明や光学レンズシート、超薄型導光板などを製造する新工場を建設することを決めた。

[MONOist]

 スタンレー電気は2014年4月11日、連結子会社であるスタンレー宮城製作所(宮城県登米市中田町)を登米市迫町内へ移転させ、LED照明製品や光学レンズシート、超薄型導光板などを製造する新工場を建設することを決めた。

 新工場の工場建屋は約1万2000m2で、敷地面積は約4万m2。2014年9月に着工し、2015年9月に操業開始予定となっている。投資金額は約38億円。LED照明、光学レンズシート、超薄型導光板、医療機器、ヘッドランプ、リアコンビネーションランプ、ライセンスランプの製造を行う。

 現在スタンレーグループの他拠点で製造している自動車向け補修用部品の一部も取り込み、将来的には自動車機器の本格的な生産工場への展開を目指しているという。

新工場のイメージ図 新工場のイメージ図

「工場ニュース」バックナンバー

海外進出だけが能じゃない! 今こそ光るニッポンのモノづくり:「メイドインジャパンの逆襲」コーナーへ

「メイドインジャパンの逆襲」コーナー

「国内市場の縮小」「生産による差別化要素の減少」「国内コストの高止まり」などから、日本の生産拠点は厳しい環境に置かれている。しかし、日本のモノづくり力はいまだに世界で高く評価されている。一方、生産技術のさらなる進歩は、モノづくりのコストの考え方を変えつつある。安い人権費を求めて流転し続けるのか、それとも国内で世界最高のモノづくりを追求するのか。今メイドインジャパンの逆襲が始まる。「メイドインジャパンの逆襲」コーナーでは、ニッポンのモノづくりの最新情報をお伝えしています。併せてご覧ください。


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.