ニュース
» 2014年04月16日 09時00分 UPDATE

ISO26262:ガイオがISO26262認証取得サービスを開始、テュフズード/SGSとの提携で

ガイオ・テクノロジーは、第三者認証機関との提携により、自動車向け機能安全規格であるISO 26262の認証取得サービスを始める。テュフズードとは「TS+G機能安全対応ソリューション」という名称で、SGSとは「SG+G機能安全対応ソリューション」という名称で、それぞれ異なるサービスを行うという。

[MONOist]
「TS+G機能安全対応ソリューション」の概要

 ガイオ・テクノロジーは2014年4月15日、第三者認証機関との提携により、自動車向け機能安全規格であるISO 26262の認証取得サービスを始めると発表した。

 今回同社が提携するのは、TUV SUD(テュフズード)とSGSの2社である。テュフズードとは「TS+G機能安全対応ソリューション」という名称で、SGSとは「SG+G機能安全対応ソリューション」という名称で、それぞれ異なるサービスを行う。

 TS+G機能安全対応ソリューションは、テュフズードが開発プロセスのギャップ診断と認証/アセスメントを、ガイオは認証取得に必要な開発/テスト業務の支援を担当する。

「TS+G機能安全対応ソリューション」の概要 「TS+G機能安全対応ソリューション」の概要 出典:ガイオ・テクノロジー

 一方、SG+G機能安全対応ソリューションでは、SGSが機能安全規格準拠の現状確認と認証/技術アドバイス活動を行う。ガイオが、認証取得に必要な開発/テスト業務の支援を行うのは同じだ。

「SG+G機能安全対応ソリューション」の概要 「SG+G機能安全対応ソリューション」の概要 出典:ガイオ・テクノロジー

ISO26262−自動車向け機能安全規格−

ISO26262
ISO26262の解説記事と最新情報を集約した特集サイト

>>トップページはこちらから


関連キーワード

機能安全 | 認証 | ISO26262 | 開発プロセス


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.