ニュース
» 2014年04月16日 07時30分 UPDATE

製造IT導入事例:船舶メーカーのIHC Merwede、シーメンスのPLMシステムを採用

統合3次元CAD/CAM/CAEソリューション「NX」を導入し、一部の設計・エンジニアリングには「NX」と互換する「Solid Edge」を用いる。

[MONOist]

 米シーメンスPLMソフトウェアは2014年4月7日(現地時間)、同社の製品ライフサイクル管理(PLM)ソフトウェアをIHC Merwedeが採用したと発表した。

 IHC Merwedeは、渫船・掘削船・オフショア船と関連装置の大手メーカー。2012年にビジネスプロセスを調整して、顧客にとっての価値創造を最適化する取り組み「One IHC」イニシアチブを立ち上げている。

 同プロジェクトの進行のため、統合3次元CAD/CAM/CAEソリューション「NX」を導入し、一部の設計・エンジニアリングには「NX」と互換する「Solid Edge」を用いることを決めた。

 これにより、CAD関連のシステム数を大幅に減らしてコスト削減に成功。製品データ管理(PDM)システムやERPシステムとシームレスに統合する製品モデルを作成することで、プロセスを改善できるようになったという。

 さらに、PDMには「Teamcenter」を使用。複雑で高度な船舶を構成する大量の製品情報をシングルソースに集約して管理できるようになり、これらの情報に迅速かつ簡単にアクセスできるとしている。



Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.