ニュース
» 2014年04月18日 13時10分 UPDATE

工場ニュース:新型「エクストレイル」のバックドアを生産――日立化成が中国で成型品工場稼働

日立化成は、自動車用内・外装成型品の中国初の生産拠点を立ち上げ、日産自動車の新型「エクストレイル」向けバックドアの生産を開始した。

[MONOist]

 日立化成は2014年4月17日、自動車用内・外装成型品の中国初の生産拠点を立ち上げ、日産自動車の新型「エクストレイル」向けバックドアの生産を開始したことを発表した。

 日立化成グループは、樹脂成形品、摩擦材、粉末冶金製品、鉛バッテリーなど、自動車関連製品に関する幅広い事業展開を行っており、中国生産なども順次進めている。しかし、中国における自動車用内・外装成形品の生産拠点は保有していなかった。中国の自動車関連市場のさらなる成長が期待される中、新たに自動車用内・外装成形品の生産・販売拠点として、日立化成工業(鄭州)を2011年5月に設立し、工場の建設を進めてきた。このほど同工場が本格稼働し、日産自動車の新型「エクストレイル」向けバックドアの生産を開始したという。

日立化成工業(鄭州) 日立化成工業(鄭州)の外観

 日立化成グループは、自動車関連製品の生産拠点として、日本、中国、台湾地域、タイ、シンガポール、米国、メキシコの7つの国と地域で展開している。今回の日立化成工業(鄭州)の稼働により、中国における需要を取り込み、自動車部品事業の強化・拡大を目指すとしている。



海外の現地法人は? アジアの市場の動向は?:「海外生産」コーナー

独立系中堅・中小企業の海外展開が進んでいます。「海外生産」コーナーでは、東アジア、ASEANを中心に、市場動向や商習慣、政治、風習などを、現地レポートで紹介しています。併せてご覧ください。



Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.