ニュース
» 2014年04月19日 11時00分 UPDATE

FAニュース:NTNから摩擦・摩耗特性と耐荷重性が大幅向上の高負荷すべり軸受ユニット

業界初の特殊樹脂しゅう動材を使用。従来製品よりも摩耗量を最大で3分の1、摩擦係数を最大で2分の1にまで減らしている。

[MONOist]

 NTNは2014年3月26日、特殊樹脂しゅう動材を用いた「高負荷すべり軸受ユニット」を開発したと発表した。摩擦・摩耗特性と耐荷重性を大幅に向上させたとしている。

 業界初となる特殊充填材を配合したPPS樹脂しゅう動材を用いた外輪と軸受鋼の内輪を組み合わせ、外輪と内輪の間のしゅう動面にフッ素系グリスを塗布。従来製品よりも摩耗量を最大で3分の1、摩擦係数を最大で2分の1にまで減らしている。これにより、耐荷重性が最大2倍になり、より高負荷条件での使用が可能となった。

 また、軸受けと軸が直接しゅう動する従来の構造から、外輪と内輪がしゅう動する構造へと変えたため、取り付ける軸の材質や表面の粗さが回転トルクや耐久性に及ぼす影響を考慮する必要がなくなり、設計の自由度も高まっているという。

 既に複写機やプリンタメーカーに高負荷条件に使用できる軸受けとして提案を開始している他、今後は食品機械、医療機器など他分野での展開も目指していくとのことだ。

photo 高負荷すべり軸受ユニット

関連キーワード

FA | FAニュース | 産業用モーター


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.