ニュース
» 2014年04月21日 12時30分 UPDATE

工場ニュース:凸版印刷が群馬に軟包材のマザー工場を建設、メイドインジャパンの技術力を発揮

凸版印刷は群馬県邑楽郡に最先端の包装材を製造する群馬センター工場を建設した。国内だけでなくグローバルを見据えたマザー工場と位置付け、新技術・新製品の開発を推進していく。

[MONOist]

 凸版印刷は2014年4月14日、最先端の包装材を製造する群馬センター工場(群馬県邑楽郡明和町)を完工した。同社では、新工場を国内だけでなく市場拡大が見込まれる海外の軟包材生産のマザー工場と位置付け供給体制を強化するとともに、新技術・新製品の開発を推進していく。

 新工場は、敷地面積が約15万m2、延べ床面積が約7万m2となる。ハイバリア軟包材を中心に、食品やヘルスケア、産業資材分野などに向け、製品を提供していく予定だという。

新工場 群馬センター工場の外観

 食品安全システム規格「FSSC 22000」に準拠したクリーンな生産環境とともに、最先端の検査機器の活用、トレーサビリティの仕組み強化などによる高度な品質管理を行う他、ICカードや静脈認証システムによる入退場管理はもちろん、入場者別・エリア別のレベル管理を導入。徹底した管理体制により、高いセキュリティ性を実現している。

 最新の製造設備や、在庫管理システムなど高度なFAシステムの導入により、生産性向上を図る。また、従来培ってきた表面加工技術や成型加工技術を生かし、素材開発から商品開発、生産まで一貫したパッケージビジネスを展開する計画だ。その他、VOC循環システムによる液化VOCの燃料利用・再利用や、コージェネレーションシステムによる自家発電や廃熱利用など、スマートファクトリーの実現に取り組む。



海外進出だけが能じゃない! 今こそ光るニッポンのモノづくり:「メイドインジャパンの逆襲」コーナーへ

「メイドインジャパンの逆襲」コーナー

「国内市場の縮小」「生産による差別化要素の減少」「国内コストの高止まり」などから、日本の生産拠点は厳しい環境に置かれている。しかし、日本のモノづくり力はいまだに世界で高く評価されている。一方、生産技術のさらなる進歩は、モノづくりのコストの考え方を変えつつある。安い人権費を求めて流転し続けるのか、それとも国内で世界最高のモノづくりを追求するのか。今メイドインジャパンの逆襲が始まる。「メイドインジャパンの逆襲」コーナーでは、ニッポンのモノづくりの最新情報をお伝えしています。併せてご覧ください。


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.