ニュース
» 2014年04月21日 16時45分 UPDATE

組み込み開発ニュース:京都マイクロ、JTAGエミュレータの新版「PARTNER-Jet2」を発表

京都マイクロコンピュータは、組み込みシステム開発向けJTAGエミュレータ「PARTNER-Jet2」を2014年7月に発売する。約10年ぶりにモデルチェンジを図り、操作性はそのままに高速化を実現した。

[MONOist]
shk_kyo00.jpg

 京都マイクロコンピュータは、組み込みシステム開発向けJTAGエミュレータ「PARTNER-Jet2」を2014年7月に発売する。1万台の出荷実績がある現行機「PARTNER-Jet」を約10年ぶりにモデルチェンジし、操作性はそのままに、高速動作を実現した。

 価格はデバッガソフトウェアが10万円。本体ハードウェアは2種類から選べ、USBバスパワー対応の「Model10」が10万円、4Gバイトトレースメモリ搭載の「Model20」が20万円(いずれも税抜き価格)。


「PARTNER-Jet2」「PARTNER-Jet2」 JTAGエミュレータ「PARTNER-Jet2」。左が「Model10」、右が「Model20」。Model10からModel20へのアップグレードも可能(クリックで拡大)

 PARTNER-Jet2は、USB 3.0接続のほか、USBバスパワーでの動作、高速トレースクロック、プローブホットプラグなどに対応したモデル。大容量トレースメモリも搭載する。PARTNER-Jetの評価ポイントである軽快に動作するデバッガの特徴は、実装を全面的に見直すことで、より高速化を図った。

 デバッガソフトウェアも、ARM v8などの64bitプロセッサや仮想化支援機能へ対応できるよう、内部実装を見直した。マルチコア対応については、PARTNER-Jetの最大8CPUから16CPU以上のマルチコア構成にも適応するようにした。

 その他、対応プロセッサも拡充した。ARMプロセッサやSuperHマイコンに加え、インテルのプロセッサにも対応。現在はAtom Z3000ファミリーのみだが、今後はQuark SoC X1000への対応も予定しているという。ARMプロセッサについては、ARM7などARM v4からCortex-A15などのARM v7に対応する。今後ARM v8への対応も予定している。

 PARTNER-Jetで実現している各種OSへのデバッグ対応やスナップショット機能などは、PARTNER-Jet2でも引き継がれる。

 なお、京都マイクロコンピュータは2014年5月14〜16日に東京ビッグサイトで開催される「第17回 組込みシステム開発技術展(ESEC2014)」にPARTNER-Jet2を展示する。

第17回 組込みシステム開発技術展(ESEC2014)

会期 2014年5月14日(水)〜16日(金)
時間 10:00〜18:00(16日(金)のみ17:00に終了)
会場 東京ビッグサイト
京都マイクロコンピュータ・ブースNo. 西 4-42


ESEC2014特集 >>↑↑↑特集ページはコチラから↑↑↑<

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.