ニュース
» 2014年04月23日 07時30分 UPDATE

FAニュース:安川電機、バラ積み部品のピッキング作業を自動化する3Dビジョンパッケージ発売

3Dビジョンセンサーの障壁となっていた油の付着した金属ワークや複雑形状のワークの認識が可能になった。

[MONOist]

 安川電機は2014年4月21日、バラ積み部品のピッキング作業を自動化する3Dビジョンパッケージ「MotoSight3D」を販売開始した。三次元(3D)CADマッチング方式を採用したことで、周辺環境変化に強くなり、複雑形状部品の認識が容易になったとうたっている。

 MotoSight3Dは、3Dビジョンセンサーの障壁となっていた油の付着した金属ワークや複雑形状のワークの認識が可能になった。それにより筒状やリング状といった単純な形状のワークだけでなく、自動車部品などのプレス部品なども認識できるようになったという。

 さらに、検出対象ワークに対して±0.5mm以内の精度で認識できる。3Dビジョンセンサーにありがちな、ラフ検出した後いったん仮置きして再度2Dビジョンで補正する処理が不要になったとしている。

 また、視野範囲は1160×1160×600mmとした。視野を広くしたことで、ユーザーはパレティーナを専用のものにすることなく、そのまま使用できる。販売価格はオープン。目標販売台数は年間100台としている。

photo

関連キーワード

3D | 安川電機 | FA | カメラ | FAニュース | 産業用カメラ


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.