ニュース
» 2014年04月25日 07時30分 UPDATE

FAニュース:三菱電機、長尺・高精密な金型加工向けワイヤ放電加工機を発売

超高精度直動ガイドの搭載により機械加工の精度が向上し、高精度な軸送りや金型の長尺化に対応する。

[MONOist]

 三菱電機は2014年4月16日、自動車・精密電子部品などの長尺化・高精密化した金型の加工に適したワイヤ放電加工機の新シリーズ「MPシリーズ」を発売した。

 MPシリーズには、MP1200とMP2400の2機種がある。MP1200は同社最上位機種「PAシリーズ」のXY分離駆動構造を、MP2400は「PAシリーズ」の高剛性ベッド構造を採用した。超高精度直動ガイドの搭載により機械加工の精度が向上し、高精度な軸送りや金型の長尺化に対応している。

 2機種とも「水冷サーマルバスターシステム」の採用により機械本体の温度を一定に制御できる。また、従来機種「NAシリーズ」で採用している三面昇降加工槽の搭載により、加工ワークの位置を三方向から確認できて段取り作業性に優れる。MP2400は加工槽扉が加工位置である定盤上面に対して約60mm降下し接近するため、ハンドリフターを用いるワーク搬入出や周辺装置の自動化システムに柔軟に対応する。

 また、従来機種搭載のPF回路(仕上げ電源)より短パルス化したHigh Power FS電源(新仕上げ電源)を標準搭載することにより、1.2μmRzの仕上げ加工を達成している。

 価格はMP1200が2250万円、MP2400が2650万円(それぞれ税別)。2014年度にそれぞれ120台の販売を目標としている。

photo

関連キーワード

三菱電機 | FA | FAニュース


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.