ニュース
» 2014年05月07日 15時15分 UPDATE

CADニュース:AutoCAD LTの期間利用ライセンス販売開始。月額1万2000円から

オートデスクは、2次元CAD「Autodesk AutoCAD LT 2015」の期間利用ライセンスを提供開始する。オンラインストアから購入でき、クレジットカード決済やコンビニエンスストア決済が使える。

[小林由美,MONOist]

 オートデスクは2014年5月7日、2次元CAD「Autodesk AutoCAD LT 2015」(以下、AutoCAD LT 2015)で期間利用ライセンス(レンタル方式)「Desktop Subscription」を販売開始する。期間は、「1カ月」「3カ月」「1年」から選べる。希望小売価格(税別)は、下記の通り(ベーシック サポート版の場合とする)。

  • 1カ月:1万2000円(オンラインストアのみで提供)
  • 3カ月:3万6000円
  • 1年:9万5000円
*永久ライセンス/カード型ライセンスの希望小売価格(税別)は19万円

 販売代理店あるいはオンラインストア「Autodesk ストア」から申し込み可能だ。支払いについては、クレジットカード決済とコンビニエンスストア決済が使える。家電量販店からの申し込みは不可。

 同じライセンスで前バージョンの「AutoCAD LT 2014」も利用でき、使用期間中に何回でも切り替え可能だ。

 期間利用ライセンスには、専用Webサイトからの技術サポート、契約期間中の機能アップデート提供、クラウドサービス「Autodesk 360」を利用した25GBストレージなども含まれる。AutoCAD LT 2015については、30日間のフル機能体験版(無償)もある。

 Desktop Subscriptionは、既に2次元/3次元CAD「AutoCAD」や、製品設計向けスイート「Autodesk Product Design Suite」などが対応している。新バージョンとなる「Autodesk Product Design Suite 2015」については、2014年5月8日から販売開始となり、期間利用ライセンスにも順次対応する予定だ。

関連キーワード

CAD | オートデスク | AutoCAD


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.