ニュース
» 2014年05月07日 20時00分 UPDATE

工場ニュース:日立オートモーティブシステムズがメキシコに新工場――自動車メーカー進出に対応

日立オートモティブシステムズは、メキシコにピストンやアルミダイキャストなどの自動車部品を生産する新工場を建設する。

[MONOist]

 日立オートモティブシステムズは2014年5月5日、メキシコで新工場建設を開始したことを発表した。建設するのは、同社のメキシコにおけるグループ会社の1つである日立オートモティブシステムズ メヒコで、自動車機器システムを製造する。

 メキシコは、NAFTA(メキシコ、米国、カナダの北米自由貿易協定)や、メルコスール(アルゼンチン、ブラジル、パラグアイ、ウルグアイ)とメキシコ間で締結された特恵貿易協定により、無関税で自動車部品を輸出できる環境が整っている。そのため、中南米を含む米州全域向けの自動車製造拠点として発展を続けており、海外自動車メ-カ-の工場進出が増加している。

 自動車機器システムメーカーにとっても自動車メーカーの動きに合わせて、メキシコにおける生産能力の確保と、地域のニーズへの対応が重視されるようになっており、現地への工場進出が増加している。

 これらの流れから、日立オートモーティブシステムズも、米州全域の自動車メーカーへの供給能力を強化するため、同グループとしては5番目、日立オートモティブシステムズ メヒコとしては3番目の工場を、メキシコ州レルマに建設することを決めた。

 新工場を建設するために買収した敷地面積は18万m2で2015年5月に生産を開始する予定だ。当面は、自動車部品のピストンおよびアルミダイキャストを製造し、徐々に生産品目を拡大していく予定だという。



海外の現地法人は? アジアの市場の動向は?:「海外生産」コーナー

独立系中堅・中小企業の海外展開が進んでいます。「海外生産」コーナーでは、東アジア、ASEANを中心に、市場動向や商習慣、政治、風習などを、現地レポートで紹介しています。併せてご覧ください。



Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.