ニュース
» 2014年05月08日 13時35分 UPDATE

ESEC2014 開催直前情報:Armadillo+DeviceSQLでユビキタスとアットマークテクノが協業、産業分野へ

ユビキタスとアットマークテクノは、組み込みプラットフォーム「Armadillo-800」および「Armadillo-400」シリーズに最適化したデータ管理ソリューション「Ubiquitous DeviceSQL SDK for Armadillo」を開発。業務産業系組み込みシステム向けデータ管理ソリューションとして2014年6月下旬に販売を開始する。

[MONOist]
組み込み開発ニュース

 ユビキタスとアットマークテクノは2014年5月8日、モジュール型組み込みプラットフォーム「Armadillo」に最適化したデータ管理ソリューションの開発で合意したと発表した。「Ubiquitous DeviceSQL SDK for Armadillo」の名称で、2014年6月下旬に販売を開始する。

 ユビキタスは、Linux、μITRON、Windows Embedded、VxWorks、QNX、ThreadXなど各種組み込みOSをサポートするデータ管理ソリューション「Ubiquitous DeviceSQL」を開発しており、IPセットトップボックスやデジタルカメラ、カーオーディオ、携帯電話といったコンシューマ向け製品を中心に採用実績がある。

 一方、アットマークテクノのArmadilloは、産業用途向け組み込みプラットフォームとして定評がある製品。ユビキタスとアットマークテクノは、DeviceSQLと「Armadillo-800」および「Armadillo-400」シリーズを組み合わせることで、産業機器向けに最適なデータ管理ソリューションを展開していく方針だ。

業務産業系組み込みシステムにおけるデータ管理の課題

 従来、産業系組み込みシステムにおけるデータ管理は、CPUパワーやメモリ容量のシステムリソースが制約されており、機器メーカーが内製で開発したソフトやSQLiteなどのオープンソース系データベース、商用組み込みデータベースを利用する方法を取ってきた。

 しかし内製ソフトには、システムごとにカスタマイズが必要かつその開発工数やメンテナンス性に関する課題が、SQLiteなどオープンソース系データベースには動作環境に合わせたポーティングやチューニングが必要性であるといった課題が、商用組み込みデータベースには、導入の初期費用が量産台数に比較して高額というコスト面の課題があった。

 今回ユビキタスとアットマークテクノは、DeviceSQL SDK for Armadilloに開発用のSDKとArmadillo上で動作する各種OSに対応したDeviceSQLランタイムサービスを搭載。ユーザーは、SQL文を指定してデータベース検索や複雑なイベント処理ができ、データ管理アプリケーションを効率良く開発可能だという。導入費用についても、Armadillo製品購入者向けに特別価格で提供する他、量産時に必要となるランタイムライセンスは、少量から購入可能とすることで多品種少量の組み込み機器に採用しやすいよう配慮している。

 対象のArmadillo製品の購入者は「アットマークテクノ ユーザーズサイト」から無償でDeviceSQLの評価版ソフトウェア(利用期間制限付き)がダウンロード可能となる。


 なおユビキタスとアットマークテクノは、2013年4月よりArmadilloシリーズ向け高速起動QuickBoot RTPの開発販売で協業を進めてきた。このたび、Armadilloシリーズに最適化したDeviceSQLの開発で合意したことで、両社のビジネス拡大を図っていく。

 両社は2014年5月14〜16日に東京ビッグサイトで開催される「第17回 組込みシステム開発技術展(ESEC)」に出展し、ユビキタスブース(西1-72)とアットマークテクノブース(西8-72)で、DeviceSQLとQuickBootのデモ展示を予定している。

第17回 組込みシステム開発技術展(ESEC2014)

会期 2014年5月14日(水)〜16日(金)
時間 10:00〜18:00(10日(金)のみ17:00に終了)
会場 東京ビッグサイト
ブースNo. 西1-72(ユビキタス)、西8-72(アットマークテクノ)


>>↑↑↑特集ページはコチラから↑↑↑<<

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.