ニュース
» 2014年05月08日 20時30分 UPDATE

電気自動車:パナソニックがテスラの巨大電池工場建設に参加、趣意書への署名を認める

パナソニックは、米国の電気自動車(EV)メーカー・Tesla Motors(テスラ)が計画している大規模リチウムイオン電池工場「Gigafactory(ギガファクトリー)」の建設に参加するための趣意書に署名したことを明らかにした。

[朴尚洙,MONOist]
テスラのリチウムイオン電池工場「ギガファクトリー」のプロジェクト概要

 パナソニックは、米国の電気自動車(EV)メーカー・Tesla Motors(テスラ)が計画している大規模リチウムイオン電池工場「Gigafactory(ギガファクトリー)」(関連記事:テスラのリチウムイオン電池工場、単独で2013年の世界生産を超える規模に)の建設に参加するための趣意書に署名したことを明らかにした。

 テスラCEOのElon Musk(イーロン・マスク)氏は、2014年5月7日(米国時間)に行った会見で、パナソニックがギガファクトリーの建設に参加することが決まったと述べている。この件をパナソニックの広報部に確認したところ、「ギガファクトリーの建設計画の趣意書に署名したことは事実。ただし、計画の詳細はまだ何も決まっていない」と回答した。

 ギガファクトリーは、テスラが販売するEV「モデルS」などに搭載されている、18650サイズ(直径18×長さ65mm)のリチウムイオン電池セルと、その電池セルを使った電池パックを大規模に量産することで大幅なコスト削減を目指している。2017年に稼働を開始し、2020年にはフル生産に入る計画。年間生産規模は、電池セルで35GWh相当、電池パックで50GWh相当に達する。

テスラのリチウムイオン電池工場「ギガファクトリー」のプロジェクト概要 テスラのリチウムイオン電池工場「ギガファクトリー」のプロジェクト概要(クリックで拡大) 出典:Tesla Motors

 電池セルの35GWhという年間生産規模は、2013年における世界全体のリチウムイオン電池セルの生産規模を上回る。総投資額も40億〜50億米ドルになる見込みだ。このうちテスラが直接投資するのは20億米ドル程度で、残りはパートナー企業が負担するとしていた。このパートナー企業の代表とされていたのが、モデルSの電池サプライヤであり、テスラへの出資も行っているパナソニックだ。

 しかしこれまでパナソニックは、ギガファクトリーの建設計画への参加を明言していなかった。2014年3月27日の事業方針発表(関連記事:パナソニックが注力する「8/5×3」とは?)でも、「テスラとは常に情報交換しており、ギガファクトリーにかける思いも共有している。しかし、現時点ではギガファクトリーへの投資については何も話せない」(パナソニック社長の津賀一宏氏)としていた。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.