ニュース
» 2014年05月09日 07時30分 UPDATE

FAニュース:産業用ロボット出荷実績、2014年1〜3月期は前年同期比34.0%増の成長

総出荷台数は3四半期連続でのプラス成長となり、前年同期比34.0%増の3万216台だった。特に輸出が好調で、溶接用が同33.6%増の8023台、電子部品実装用が同19.5%増の1749台で、いずれも3四半期連続でのプラス成長となった。

[MONOist]

 日本ロボット工業会は2014年4月24日、2014年1〜3月期の産業用ロボットの受注・生産・出荷実績についての統計を発表した。対象は同協会の会員企業36社。

 受注台数は前年同期比25.3%増の2万9759台で、4四半期連続でのプラス成長となった。生産台数は同43.5%増の3万627台で、3四半期連続で増加している。

 総出荷台数は3四半期連続でのプラス成長となり、前年同期比34.0%増の3万216台。総出荷額も同19.0%増の1165億円となり、2四半期連続で伸びている。

 出荷先の内訳は、国内が8016台(前年同期比27.0%増)、国外が2万2200台(同36.8%増)で、輸出が好調となっている。特にアメリカ向けが順調に伸び、ドイツを中心としたヨーロッパ向けも回復しつつある。輸出分の内訳を見ると、溶接用が同33.6%増の8023台、電子部品実装用が同19.5%増の1749台で、いずれも3四半期連続でのプラス成長となった。

 国内出荷では、自動車産業向けが前年同期比16.1%増の2530台で、4四半期ぶりにプラスに転じた。電子・電気機械産業向けも同26.2%増の2327台となり、3四半期連続で伸びた。中でも、ウエハー搬送など半導体向けが同90.8%増と引き続き好調となっている。

ロボット開発の最前線

ロボット/ロボット開発コーナー
あらゆる技術の集大成といわれる「ロボット」をテーマに、産業、レスキュー、生活支援/介護分野などにおけるロボット開発の実情や、関連する要素技術、研究開発、ロボットコンテスト、ロボットビジネスの最新動向などをお届けする。

>>ロボット特集のTOPページはこちら


関連キーワード

ロボット | 産業用ロボット | FA | FAニュース


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.