ニュース
» 2014年05月12日 07時30分 UPDATE

FAニュース:安川電機、ハンドリングロボットのラインアップを強化――2機種を追加

より使いやすい可搬質量24kgタイプと110kgタイプの新型ハンドリングロボットをラインアップに追加した。

[MONOist]

 安川電機は2014年4月22日、ハンドリングロボットの新シリーズに2機種を追加し、同年5月9日より発売すると発表した。

 ハンドリングロボット「MOTOMAN-MH24」は、従来機種の20kgから可搬質量を20%アップし、同クラス最高の可搬質量24kgとした。これにより適応ワークの拡大、各種センサー機器の取り付けなどによって対象用途が広がるとしている。

 また、各軸速度を従来比最大約9%向上。さらに、上部アームに採用した中空アームに各種配線・配管を内蔵することで、周辺設備や搬送物との接触などが低減され、作業領域が拡大するという。

 また、もう1つのハンドリングロボット「MOTOMAN-MH110」では、従来のラインアップ(〜80kg、165kg〜)に可搬質量100kgクラスの機種を追加した。10kgの余裕を持つ可搬質量110kgとしたことで、搬送するワークや装着するツール、センサーの選択の幅を広げる製品となっている。

 ロボット本体にはフィールドバスケーブルの配線用チューブを標準装備。省配線化・インテリジェント化を目的としたFAネットワークにも対応する。

 販売価格はオープン。目標販売台数はMOTOMAN-MH24が年間3000台、MOTOMAN-MH110が年間200台。

photo

ロボット開発の最前線

ロボット/ロボット開発コーナー
あらゆる技術の集大成といわれる「ロボット」をテーマに、産業、レスキュー、生活支援/介護分野などにおけるロボット開発の実情や、関連する要素技術、研究開発、ロボットコンテスト、ロボットビジネスの最新動向などをお届けする。

>>ロボット特集のTOPページはこちら


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.